人生にゲームをプラスするメディア

『モンスターハンター3(トライ) G』、「ラギアルクス亜種」などモンスター情報を多数公開

任天堂 3DS

白海竜 ラギアルクス亜種
  • 白海竜 ラギアルクス亜種
  • 白海竜 ラギアルクス亜種
  • 白海竜 ラギアルクス亜種
  • 白海竜 ラギアルクス亜種
  • 雷狼竜 ジンオウガ
  • 雷狼竜 ジンオウガ
  • 雷狼竜 ジンオウガ
  • 雷狼竜 ジンオウガ
カプコンは、ニンテンドー3DSソフト『モンスターハンター3(トライ) G』の最新情報を公開しました。

『モンスターハンター3(トライ) G』は、「シリーズの原点」に立ち戻って制作し、登場モンスターやフィールドなど「狩り」のさまざまな要素を刷新したWii『モンスターハンター3(トライ)』のDNAを継承するニンテンドー3DS向け最新作です。シリーズ唯一の「水中での狩り」はもちろん、本作からの新たなモンスターも登場します。

本作に登場するモンスターの一部が公開されました。

■白海竜 ラギアルクス亜種
美しい白色の甲殻を持つゆえについた別名は「白海竜」。陸地での活動に特化したラギアクルスの亜種です。陸上での運動性は非常に高く、突進やブレスによる攻撃は強力の一言。怒った際に見せる激しい放電は、比類なきエネルギーを秘めています。

■雷狼竜 ジンオウガ
雷光を帯びたその姿から「雷狼竜」とも呼ばれる牙竜種。起伏の激しい山林に棲むため、かぎ爪は鋭く、四肢が強靱に発達しています。狩りの際には無数の雷光虫を集めることでまとう電力を飛躍的に高めているとされ、超帯電状態と呼ばれる姿に変化します。

■白兎獣 ウルクスス
寒冷地での生活に適応した牙獣。分厚い皮下脂肪と保温性の高い体毛を持っています。草食傾向の強い雑食だが、動物質を摂取する事もあります。その際は優れた聴覚で獲物を探し出し、氷上を滑走する事で、素早く、静かに、狩りを行います。通称は「白兎獣」。

■青熊獣 アオアシラ
温暖湿潤な地域の山や森に生息する牙獣。二足で立ち上がり、大好物のハチミツを採取したり、河原で魚を捕る事で知られます。鋭い爪と厚い甲殻を持つ前脚は非常に発達しており、一撃が非常に脅威となります。美しい青毛を持つ事から「青熊獣」とも呼ばれます。

■赤甲獣 ラングロトラ
マグマにも耐える、分厚く赤い甲殻を持ち、「赤甲獣」とも呼ばれる牙獣。身体を丸め、灼熱の地表の上を転がるように移動します。甲虫種を好み、その長い舌で絡めとるように捕らえてしまいます。強力な麻痺液を吐く事でも知られているため、注意が必要です。

■尾槌竜 ドボルベルク
「尾槌竜」の名に違わぬ、ハンマーのような塊の付いた尻尾を持つ獣竜です。倒木や立ち枯れた木を主食とします。巨大な尾は、木を打ち倒すためにも使われるそうです。また、一説では、背中にあるコブがエネルギー源ではないかとされています。

■迅竜 ナルガクルガ
木々の生い茂る土地に生息する独特の進化を遂げた飛竜で、別名は「迅竜」。暗がりに身を潜め、恐るべき素早さで執拗かつ狡猾に獲物を狙い、追い詰めます。狩るための武器として発達した尻尾は、非常にしなやかで、強烈な破壊力を持っています。

■毒狗竜 ドスフロギィ
滞留する霧状の毒を吐き、「毒狗竜」の異名を持つ鳥竜種のモンスターです。群れで行動し、とりわけ大きく、強い毒を持つ雄の成体が群れのリーダーを務めています。喉のまわりにある袋状の器官で毒を生成するため、壊されると十分な毒を吐けなくなります。

■潜口竜 ハプルボッカ
砂の海で独特の進化を遂げた海竜種。「潜口竜」とも呼ばれるように、砂に潜り体表を擬態し、獲物を狙い音で獲物の位置を探り、大きな口で砂ごと飲み込んでしまいます。口の中にあるひだのような器官は、栄養を取り込むためのものとされています。

「ハンター」はこれらのモンスターと何度戦うことになるのでしょうか。モンスターはこれら以外にもまだまだ登場するようです。

『モンスターハンター3(トライ) G』は12月10日発売予定。価格はソフト単品版が5,800円(税込)、拡張スライドパッドパックが6,990円(税込)、3DS本体同梱のスペシャルパックが20,800円(税込)です。

(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  5. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  6. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  7. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top