人生にゲームをプラスするメディア

世界初GB振動カートリッジ、キッカケはN64「振動パック」から・・・中山社長が語る制作秘話 ― ジュピター訪問記(2)

その他 全般

『ピクロス』シリーズで知られ、数多くの『ピンボール』ゲームを開発。ポケットピカチュウやポケモンミニソフトなども制作し、近年は『すばらしきこのせかい』など大型タイトルも手掛けたゲーム制作会社ジュピター。最近では3DS向けに『ピクロスe』を自社で販売しています。

今回インサイドでは京都にあるジュピターにお伺いし、中山社長や開発スタッフにお話を伺いました。

第2回は『ポケモンピンボール』に振動カートリッジが搭載されたお話などについて訊きます。

―――『ポケモンピンボール』と言えば振動カートリッジですよね。どうしてゲームボーイで振動を採用したいと考えたのですか
中山:丁度ニンテンドウ64で振動パックが発売されており、これは面白い仕組みだと思っていました。これをゲームボーイでやったら面白そうと思い、任天堂さんへ相談に行ったんです。

最初は「接触部分で無理や」と言われたのですが、開発部の方が「一度試してみてもいいんじゃない?」と言ってくれまして、実験してくれたんです。実験してみたら「意外と大丈夫」という話になりました。
(「振動パック:N64ソフト『スターフォックス64』と同時発売。コントローラに装着すると、ゲーム内容にあわせてコントローラが振動)

ただ、最初の感触としては「ピンボール」ではなく、釣りゲームを作りたかったんです。

―――振動で釣りゲームですか
中山:魚を釣り上げる時に釣竿がブルブルするじゃないですか。これが振動ゲームにピッタリだなと思いまして。次の候補として「ピンボール」を考えていて、3つアイディアがありました。

―――3つ!?
中山:最初のアイディアが『メトロイド』でした。サムスはモーフボール状態に丸くなるのでピンボールにピッタリだなと。

次のアイディアが『ドンキーコング』、ドンキーが丸まって遊ぶピンボールゲームはどうかとアイディアを出しました。

そして一番最後に出てきたアイディアが『ポケモン』です。丁度その頃はポケモンがブームになっていて、モンスターボールをピンボールのボールに見立ててポケモンを捕まえるようなアイディアを考えました。

これをクリーチャーズの石原様に見せに行ったら「新しいギミックとして非常に楽しい」とおっしゃって下さり、「ポケモンの中でやってもいいね」という話が出ました。
(石原恒和:当時クリーチャーズ社長。現在は株式会社ポケモンの代表取締役社長)

カートリッジはゲームボーイに深く刺さっているので、ゲーム中に振動しても意外と大丈夫なのです。もし、振動で端子部分が接触不良になっていたら、振動カートリッジの採用は無理でしたね。

―――ジュピターが手掛けたピンボールゲームと言えば、『スパロボ』や『ソニック』などもありますよね
中山:ゲームボーイだけでなく、ゲームボーイアドバンスでも数本ピンボールゲームを手掛けました。『ポケモンピンボール』の続編もゲームボーイアドバンスで作りましたし。

またピンボールのゲームだけでなく、ゲームボーイカラーで『サクラ大戦GB』を2タイトル作りました。1作目『サクラ大戦GB 激・花組入隊!』はメディアファクトリーさんから、2作目『サクラ大戦GB2 サンダーボルト作戦』はセガさんからの発売で。

―――『サクラ大戦GB』と言えば、セガのゲーム機以外で初めて発売されたタイトルでしたよね
中山:セガのゲームが任天堂ハードで発売というのは当時異例なことだったと記憶しています。万歩計の『ポケットサクラ』も同時開発し、『サクラ大戦GB』と連動して遊ぶゲームを制作しました。これは『ポケットピカチュウカラー』を手掛けた事から繋がりましたね。

(次回に続きます)

次回は『キングダムハーツ チェイン・オブ・メモリーズ』や『すばらしきこのせかい』など、ゲームボーイアドバンスからニンテンドーDS向けタイトルのお話をお届けします。
《まさと》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

    「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  4. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  5. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  6. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  7. 【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

  8. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  9. 【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

  10. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

アクセスランキングをもっと見る