人生にゲームをプラスするメディア

好きなゲームキャラクターは「マリオ」、セリフは「やったぜ」・・・調査結果

その他 全般

メディアインタラクティブは、アンケート専門サイト「アイリサーチ」を用いた「好きなゲームキャラクター」に関する調査結果を発表しました。

それによれば、見事1位に輝いたのはミスター・ビデオゲームとも言える「マリオ」。25年に渡って様々なゲームに出演してきました。得票数は全体の1割を越え、圧倒的でした。年末にも『マリオカート7』『スーパーマリオ3Dランド』という代表作の最新作が発売され、まだまだ衰える事を知りません。

また2位にランクインしている「自分のアバター」という回答も現代的なもので注目されます。主にオンラインゲームやブラウザゲームで、自分自身の手で作成した分身。自分のアバターに思い入れがある人は多いようです。最近人気のタイトルでは『英雄クロニクル』や『C9』、PS3でもサービスしている『Angel Love Online』などがアバターのプレイに対応。特に『英雄クロニクル』では登場のカットシーンや紹介コメントまでカスタマイズが可能です。

3位以下には人気シリーズのキャラクターがズラリ。『ポケットモンスター』のピカチュウ、『ファイナルファンタジー』のクラウド、『モンスターハンター』のアイルー、『ドラゴンクエスト』のスライムなど主役もあれば脇を固めるキャラクターも。中には歴史物で活躍する織田信長という回答もありました。

またアンケートでは「最も好きな决めセリフ」についても調査。最も多く寄せられたのは「やった/やったぜ」という回答。いかにもゲームらしいセリフです。人気シリーズからは「おまえはもう死んでいる」(北斗の拳)や「ポケモンゲットだぜ」(ポケットモンスター)、「海賊王に俺はなる!」(ワンピース)といった回答が目立ちました。

ぜひ皆さんの好きなキャラクターや决めセリフも教えてください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

    「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

  2. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  3. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  4. 【hideのゲーム音楽伝道記】第53回:『いけにえと雪のセツナ』 ― 雪の世界の旅を彩る、繊細で切ないピアノの音色

  5. 【日々気まぐレポ】第187回 王の名を冠した鉄華団の悪魔「HG ガンダム・バルバトスルプスレクス」キットレビュー

  6. 共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

  7. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』アップデート情報など新情報相次ぐ…『金・銀』ポケモン登場や新たな展開に関心集まる

  8. 『ニーア オートマタ』3枚組のサントラCD発売! 初回先着特典は“秘密の音源”

  9. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

  10. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』新ステージ公開、絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AI、『FGO』新章「亜種特異点I」は2月24日19時から…など(2/22)

アクセスランキングをもっと見る