人生にゲームをプラスするメディア

新キャラ続々『ワンピース ギガントバトル!2』エネル、ルッチ、ビビ、ワポルも登場!

任天堂 DS

バンダイナムコゲームスは、ニンテンドーDSソフト『ワンピース ギガントバトル!2 新世界(ニューワールド)』の最新情報を公開しました。

前作は37万本以上のセールスを記録した『ワンピース ギガントバトル!』は、“自分だけの海賊団”を結成していろいろなメンバーで戦う対戦アクションゲームです。原作に登場した「麦わらの一味」だけでなく、好きなキャラクターを集めたオリジナル海賊団を作ってバトルを楽しめる作品。

本作は、“自分だけの海賊団”を結成していろいろなメンバーで戦う対戦アクションゲーム。新要素として「キャラスタイルシステム」を採用しており「動物系」「自然系」「超人系」など、キャラクターの個性が反映された特殊能力が発動可能です。

とくに今作ではメインキャラ(プレイアブル)が大増量。ファンの要望に応えて、仲間やかつてのライバルとして「エネル」「ルッチ」「ビビ」「ワポル」が登場することが判明しました。

また今回、奥義アニメカットインのビジュアルが一部公開。今作でも奥義アニメは健在で、描き下ろしのアニメとなっています。さらに今作からは、特定の条件下で相手をKOすると、名台詞演出が展開されるとのこと。台詞エフェクトを狙って、ド派手にライバルをKOしましょう。

さらに今作から、サポートキャラの特定の組み合わせで、特殊なコンボ攻撃が発動するようになりました。タッチパネルを順番にタッチすると、コンボ発動。これにより自分だけの海賊団を作る楽しみだけでなく、自分だけのオリジナルコンボを作る楽しみが加わりました。

メインモードの「新世界制覇モード」は、島々を支配するボスを打ち倒し、領地を開拓していくモードになっていますが、ベリーを使って、新たな領地を開拓したり、発展させることで、様々な変化が自分の領地でおこっていきます。

発展すると大陸の人口がどんどん増えて、その領土をもつ海賊団の格がアップ、ショップも発展。臨時でイベントが発生し、ゲーム内通貨ベリーをもらえたり、バトルに有利な追加効果(ステータスアップなど)を得ることができます。さらに、新たなバトルポイントの出現もあるようです。なお、前作で好評だったアニメカットも増量。名場面のアニメカットとボイスで再現する最新カットが収録されています。

『ワンピース ギガントバトル!2 新世界』は11月17日発売予定。価格は通常版が5,230円(税込)、限定版が7,800円(税込)です。

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)2011 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か

    中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か

  2. 『ポケモン サン・ムーン』新ポケモンを紹介する映像公開!カプ・コケコ、デンヂムシ、ジジーロンなど

    『ポケモン サン・ムーン』新ポケモンを紹介する映像公開!カプ・コケコ、デンヂムシ、ジジーロンなど

  3. 『スプラトゥーン』更新データ(Ver.2.9.0)7月6日配信、無敵SPやダイナモの調整などが実施

    『スプラトゥーン』更新データ(Ver.2.9.0)7月6日配信、無敵SPやダイナモの調整などが実施

  4. 『スプラトゥーン』ついに“最後のフェス”が7月22日から開催、テーマは「アオリ vs ホタル」!

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 『スプラトゥーン』“ラストフェス”Tシャツ発売決定!イカベーダーCAPやギアパワー缶バッジBOXセットも

  7. 『ポケモン サン・ムーン』次回の新情報解禁は7月1日22時ごろ

  8. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

  9. 『ポケモン サン・ムーン』予約開始は7月16日から!新ポケモンや「マギアナ」を仲間にする方法などが明らかに

  10. 『ポケモン』中国語名称を巡り改名騒動、日本領事館付近でデモ

アクセスランキングをもっと見る

page top