人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、第2四半期業績を発表・・・為替差損500億円で通期も最終赤字予想

その他 全般

任天堂が27日発表した平成24年3月期第2四半期(4~9月)の連結業績は売上高2157億3800万円(前年同期比△40.6%)、営業損失573億4600万円、経常損失1078億7200万円、純損失702億8300万円となりました。

事前の報道にもありましたが、多額のドル建て、ユーロ建て資産を保有していることから評価損として為替差損を524億円計上しています。

一方の本業でもニンテンドーDSや3DSのソフトが想定を下回ったことや、3DS本体でも大幅な値下げを行った関係から売上高も落ち込んでいます。また、Wiiについてもハードは健闘したものの、ソフトは新作タイトルが少なく苦戦しました。Wiiについても海外で値下げを行なっています。これらの値下げに関する在庫保証も収益を悪化させたようです。

ただ、3DSの値下げ後の販売は好調であるほか、ソフトでも3DSの『マリオカート7』『スーパーマリオ3Dランド』、Wiiの『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』など販売が期待できるソフトが最大の商戦期である年末商戦に控えていることから下期は回復に向かうとの予想です。

第2四半期までの状況を踏まえて通期の業績予想を下方修正し、売上高7900億円(前回9000億円)、営業利益10億円、経常損失300億円、純損失200億円と最終赤字転落を見込んでいます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ガールズ&パンツァー 最終章」の制作決定!

    「ガールズ&パンツァー 最終章」の制作決定!

  2. 【レポート】PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア先行イベントで「極まる」新要素を体験

    【レポート】PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア先行イベントで「極まる」新要素を体験

  3. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

    【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  4. スタジオカラー初のTVアニメ作品、舞城王太郎原作「龍の歯医者」2017年2月放送

  5. 【昨日のまとめ】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選、スマホ向け『ディシディア FF オペラオムニア』2016年配信、名前の書かれたゲームカセットを持ち主に返すサイト…など(8/27)

  6. リオ五輪閉会式「安倍マリオ」は海外ゲーマーからも大好評…「総理がマリオになるとかマジでヤバい」

  7. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  8. 謎の木目調アーケード筐体「8Bitdo Desktop Arcade Joy Stick」があまりにも美しい

  9. 映画「ライト/オフ」とコラボしたリアルホラーゲーム『ZAW』が川崎競馬場で開催!4,800平米の巨大お化け屋敷

  10. 名前の書かれた“ゲームカセット”を持ち主の元へ…思い出を届けるwebサイト「名前入りカセット博物館」とは

アクセスランキングをもっと見る

page top