人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコHD、トイホビーやコンテンツが好調で業績予想を上方修正

ゲームビジネス その他

バンダイナムコホールディングスは、平成24年3月期の業績予想について、トイホビー事業やコンテンツ事業が好調なことから上方修正すると発表しました。

修正後の第2四半期の業績予想は、売上高1940億円(修正前1780億円)、営業利益155億円(65億円)、経常利益157億円(65億円)、純利益78億円(78億円)。また、通期の業績予想は売上高4200億円(4000億円)、営業利益250億円(165億円)、経常利益260億円(165億円)、純利益150億円(85億円)となっています。

トイホビー事業では「海賊戦隊ゴーカイジャー」や「仮面ライダーフォーゼ」が好調。デジタルカード事業では既存コンテンツに加えて「ガンダムトライエイジ」が人気でした。またコンテンツ事業では『テイルズ オブ エクシリア』(PS3)や『AKB 1/48 アイドルとグアムで恋したら・・・』(PSP)が好調でした。映像音楽コンテンツでは「TIGER & BYNNY」の映像パッケージが人気でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

    【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. SIE・吉田修平のTwitterが一時乗っ取られる…『ポケモンGO』を攻撃したグループの犯行

  5. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  6. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  7. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  8. カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

  9. 【CEDEC 2014】できるゲームクリエイターに共通するただ1つのこと、スクエニ塩川氏が明かす

  10. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

アクセスランキングをもっと見る

page top