人生にゲームをプラスするメディア

キャラデザは西村キヌ、3DS新作『CODE OF PRINCESS』発表 ― 「姫戦士ソランジュ」たちの物語

任天堂 3DS

姫戦士ソランジュ
  • 姫戦士ソランジュ
アガツマ・エンタテインメントは、ニンテンドー3DSソフト『CODE OF PRINCESS(コード・オブ・プリンセス)』を発表しました。

『CODE OF PRINCESS』は、ゲーム『ストリートファイター』シリーズやアニメ「OVERMAN キングゲイナー」などに携わってきたイラストレーター・西村キヌ氏がキャラクター・世界観原案を担当する新作アクションRPGです。アクションの爽快感とRPG的な育成、多彩なゲームモードを収録。「姫戦士ソランジュ」をはじめ、戦闘スタイルの異なるさまざまキャラクターたちが登場します。

数多くのゲームイラストやデザインを手掛けてきた西村キヌ氏がかねてより構想を重ねてきた、どこかで見たことがあるようなファンタジーワールド「CODE OF PRINCESS」。ゲーム『CODE OF PRINCESS』は、フィギュア用に描き起こしされたイラストの舞台設定から広げられた世界観を元に描かれるニンテンドー3DS用の完全新作アクションRPGです。

ゲームプロジェクトに先駆けて展開している「CODE OF PRINCESS THE FIGURE」の第1弾「姫君戦士ソランジュ」をかわきりに、フィギュアもリリースされていきます。ファンタジーワールド「CODE OF PRINCESS」は今後、ゲーム化、フィギュア化など、多角的なコンテンツとして広がります。

■キャラクター
戦闘スタイルの異なる個性豊かなキャラクターたちから4人を紹介。プレイスタイル合わせて好きなキャラクターを選んでプレイすることができます。

・姫戦士ソランジュ(ソランジュ・ブランシュフルール・ド・リュクス)
深窓の姫君として過ごしてきた亡国の姫。「CODE OF PRINCESS」の宿命に翻弄されながらも、仲間や強敵との出会いを経て、世界の均衡を取り戻す戦いに身を投じていきます。

・盗賊アリー(アリー・ヴァヴァ)
フリーの女盗賊。ひょんなことから姫を拾ってしまい、面倒をみるハメになります。ボーイッシュな外見と性格でぶっきらぼうですが根は良い人のようです。パーティー唯一の常識人で、頼れるつっこみ役としても活躍?

・遊び人アレグロ(アレグロ・ナンタービレ・カンタービレ)
回復役を探していた姫一行に、押しかけ同然に加わる遊び人のエルフ。ナルシスト&能天気ぶりで周囲の人々をイラッとさせる天才。ギターボードを武器兼楽器として使いこなします。

・魔導師レディ・ゾゾ(レディ・ゾゾ)
更なる魔術の探求のために自らを不死化したゾンビ娘。姫の剣が持つ癒しの力に惹かれて行動をともにすることにあんります。マイペースな性格で無口。舌が無いため、呪文や会話は持っている杖が担当します。

■ゲームはサイドビューのアクションRPG
ボタンの組み合わせで多彩な技を繰り出し、群がる敵を次々となぎ倒す爽快感抜群のバトルが展開します。敵を倒した経験値でキャラクターがレベルアップしたり、装備品でキャラクターを強化させるといった、RPG要素も充実。ストーリーを楽しむ「シナリオモード」や、他のプレイヤーと協力してモンスター討伐などの豊富なクエストに挑む「クエストモード」の他、通信プレイによる対戦など、最大4人で一緒に遊ぶことができます。

西村キヌ氏によるキャラクターの魅力を楽しみたい方はもちろん、アクションゲームファンの方も見逃せません。今後の情報にご期待下さい。

『CODE OF PRINCESS』は、2012年春発売予定で価格は未定です。

(C) Agatsuma Entertainment Co.,Ltd. (C) empty/西村キヌ
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  5. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  6. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  9. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top