人生にゲームをプラスするメディア

『マリオカート7』公式サイトオープン、収録コースの一部や登場アイテムが公開

任天堂 3DS

任天堂は、ニンテンドー3DSソフト『マリオカート7』の公式サイトをオープンしました。

『マリオカート7』は、その名の通り『マリオカート』シリーズ第7弾。今回は地上だけでなく、水中や空中でもデットヒートを繰り広げます。ニンテンドー3DSでは新たにカートのカスタマイズやジャイロセンサーを使った新操作など、シリーズ初の試みも多数取り入れられています。

もちろんニンテンドーWi-Fiコネクションによる対戦プレイもサポート。全8人で世界中の人と対戦が楽しめます。

また、前作『マリオカートDS』同様にダウンロードプレイ8人対戦にも対応。ゲームカードを持っていない人はヘイホーを操作して一緒に遊ぶことが出来ます。

さらにすれちがい通信を使ったゴーストデータの交換、いつの間に通信を使ったコミュニティ機能など、充実のゲーム内容となっています。

登場コースは、新コースが16、お馴染みのコースが16、全32コースを用意。従来作のコースは『マリオカート7』の仕様にあわせた内容になっています。

そしてアイテムに関しては「ファイアフラワー」「スーパーこのは」「ラッキー7」が新登場。

「ファイアフラワー」は一定時間ファイアボールを投げることが出来る攻撃アイテム。「スーパーこのは」は一定時間カートにしっぽがついてライバルを攻撃したり攻撃アイテムを跳ね返したりできる万能アイテム。「ラッキー7」は、7のアイテム(スーパースター、アカこうら、ミドリこうら、バナナ、ボムへい、ゲッソーなど)がカートの周囲に登場し、1個ずつ使うことが出来ます。

また、1位プレイヤーを攻撃するお馴染み「トゲゾーこうら」に付いている羽は無くなり、『マリオカート64』のように先頭のカートに追いつくまで他のカートにもあたるように仕様が変更されています。

なお、前作『マリオカートWii』で登場した「きょだいキノコ」「POWブロック」「カミナリぐも」に関しては、アイテム紹介ページを見る限りないようです。

『マリオカート7』は、12月1日に発売予定で価格は4800円(税込)です。

(C)2011 Nintendo
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

  2. ニンテンドースイッチ予約は次々終了―行列待ち実店舗も―これから予約するには?

    ニンテンドースイッチ予約は次々終了―行列待ち実店舗も―これから予約するには?

  3. ニンテンドースイッチ予約開始…一部通販サイトは今なお繋がりにくい状態続く(追記)

    ニンテンドースイッチ予約開始…一部通販サイトは今なお繋がりにくい状態続く(追記)

  4. ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

  5. 【レポート】2D女子高生ホラーゲーム『クリーピング・テラー』で日活が目指したもの

  6. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 【3DS DL販売ランキング】『マリオブラザーズ3』連続首位、追い上げる『タンクトゥルーパーズ』が5位浮上(1/19)

  9. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  10. 松野泰己氏すら覚えていなかったSFC版『タクティクスオウガ』裏コマンドが19年越しで発見される

アクセスランキングをもっと見る