人生にゲームをプラスするメディア

マイクロソフト、2012年度第1四半期の業績を発表……過去最高の売上173億ドル超

その他 全般

マイクロソフト最高執行責任者・ケビン ターナー氏
  • マイクロソフト最高執行責任者・ケビン ターナー氏
  • マイクロソフト最高財務責任者・ピーター クライン氏
 米マイクロソフト社(Microsoft Corporation)は米国時間20日、2012年第1四半期(9月30日締め)の決算を発表した。173億7,000万ドルという過去最高の売上を達成したとのこと(前年同期比7%増)。

 営業利益、純利益、ならびに一株あたり希薄化後利益は、それぞれ72億ドル、57億4,000万ドル、ならびに0.68ドルで、それぞれ前年同期と比較して1%、6%、ならびに10%の伸びとなっている。

 Microsoft Business部門の第一四半期売上は、56億2,000万ドルで、Office 2010の販売が開始された前年同期と比較して8%の伸びだという。Lync、SharePoint、Exchangeなどのマイクロソフトの生産性向上サーバ製品の売上は10%超、Dynamicsの事業は本四半期で17%拡大した。またServer & Toolsのセグメントの第1四半期売上は、42億5,000万ドル(10%増)で、売上の二桁成長を6つの四半期連続で達成したとのこと。

 また、マイクロソフトは9月に開催された開発者イベントBUILDにおいて “Windows Server 8”の開発者向けプレビューを公開している。Windows & Windows Live部門の収益は48億7,000万ドル。これは前年同期と比較して2%の伸びで、PC市場の成長と同等のペースとなっている。

 マイクロソフトの最高執行責任者(COO)であるケビン ターナー氏は「Office、SharePoint、Exchange、ならびにLyncは好調な四半期業績を達成しました。また、Office 365、Dynamics CRM Online、ならびにWindows Azureなどのパブリックおよびプライベート・クラウドへの需要も拡大しています。Windows 7 PC、Windows Phone 7.5、ならびにXboxとKinectなどの強力なコンシューマ製品による休暇シーズンの売上にも強く期待しています」とのコメントを寄せている。最高財務責任者(CFO)であるピーター クライン氏は「当社の製品ポートフォリオは好調な業績を上げており、強力な製品とサービスのパイプラインにより将来の成長の準備も万端となっています」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

    『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

  2. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  3. “結月ゆかり”が等身大フィギュアに! スピーカー内蔵で価格は128万円

    “結月ゆかり”が等身大フィギュアに! スピーカー内蔵で価格は128万円

  4. 「勇者ヨシヒコと導かれし七人」2016年10月放送決定

  5. 「この素晴らしい世界に祝福を!」2017年1月より第2期放送スタート!第1期一挙配信も決定

  6. 『レイトン教授』新作も7月発表!超大作かつ映画クラスのキャスティングに

  7. 1億5000万回再生の恐怖映像「ライト/オフ」が映画化!シーンカット画像が到着

  8. 『スパロボ大戦V』寺田氏&佐竹氏が最新作を語る、90年代セガPRの立役者・竹崎氏が明かすソニックチームとの絆、人間の起源を解説したアニメーションムービー・・・編集部員も見るべきまとめ(6/24)

  9. 【昨日のまとめ】『イナズマイレブン』『レイトン教授』新作を7月発表、『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイル判明、VR版『RO』を台湾ユーザーが開発…など(6/24)

  10. 誰でも“結月ゆかり”になれる「FaceRig Live2D」非公式モデル配布開始、「かわいさ」「偉大さ」「まな板」を徹底再現

アクセスランキングをもっと見る

page top