最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
マイクロソフト、2012年度第1四半期の業績を発表……過去最高の売上173億ドル超

マイクロソフト、2012年度第1四半期の業績を発表……過去最高の売上173億ドル超

2011年10月24日(月) 11時15分
  • マイクロソフト最高執行責任者・ケビン ターナー氏の画像
    マイクロソフト最高執行責任者・ケビン ターナー氏
  • マイクロソフト最高財務責任者・ピーター クライン氏の画像
    マイクロソフト最高財務責任者・ピーター クライン氏

 米マイクロソフト社(Microsoft Corporation)は米国時間20日、2012年第1四半期(9月30日締め)の決算を発表した。173億7,000万ドルという過去最高の売上を達成したとのこと(前年同期比7%増)。

 営業利益、純利益、ならびに一株あたり希薄化後利益は、それぞれ72億ドル、57億4,000万ドル、ならびに0.68ドルで、それぞれ前年同期と比較して1%、6%、ならびに10%の伸びとなっている。

 Microsoft Business部門の第一四半期売上は、56億2,000万ドルで、Office 2010の販売が開始された前年同期と比較して8%の伸びだという。Lync、SharePoint、Exchangeなどのマイクロソフトの生産性向上サーバ製品の売上は10%超、Dynamicsの事業は本四半期で17%拡大した。またServer & Toolsのセグメントの第1四半期売上は、42億5,000万ドル(10%増)で、売上の二桁成長を6つの四半期連続で達成したとのこと。

 また、マイクロソフトは9月に開催された開発者イベントBUILDにおいて “Windows Server 8”の開発者向けプレビューを公開している。Windows & Windows Live部門の収益は48億7,000万ドル。これは前年同期と比較して2%の伸びで、PC市場の成長と同等のペースとなっている。

 マイクロソフトの最高執行責任者(COO)であるケビン ターナー氏は「Office、SharePoint、Exchange、ならびにLyncは好調な四半期業績を達成しました。また、Office 365、Dynamics CRM Online、ならびにWindows Azureなどのパブリックおよびプライベート・クラウドへの需要も拡大しています。Windows 7 PC、Windows Phone 7.5、ならびにXboxとKinectなどの強力なコンシューマ製品による休暇シーズンの売上にも強く期待しています」とのコメントを寄せている。最高財務責任者(CFO)であるピーター クライン氏は「当社の製品ポートフォリオは好調な業績を上げており、強力な製品とサービスのパイプラインにより将来の成長の準備も万端となっています」とのコメントを寄せている。

(Article written by 冨岡晶@RBB TODAY)

その他アクセスランキング