人生にゲームをプラスするメディア

『ピクロス』にマリオが登場したワケ、ジュピター中山社長に訊く ― ジュピター訪問記(1)

その他 全般

『ピクロス』シリーズで知られ、数多くの『ピンボール』ゲームを開発。ポケットピカチュウやポケモンミニソフトなども制作し、近年は『すばらしきこのせかい』など大型タイトルも手掛けたゲーム制作会社ジュピター。最近では3DS向けに『ピクロスe』を自社で販売しています。

今回インサイドでは京都にあるジュピターにお伺いし、中山社長や開発スタッフにお話を伺いました。

―――まず、ジュピターという会社について教えてください。
中山:ジュピターの中山 誠です。私はジュピターの設立前に勤めていた会社ではファミコン初期のタイトルにいくつか関わらせて頂きました。そちらの会社では任天堂ハード向けのゲームを作るだけでなく開発ツールも作っていて、その営業を私がやっていました。

あと、私の父親の会社が任天堂さんとお付き合いがありまして。当時からずっと板金などを製造しています。私は父親の会社も手伝っていたのですが、父親の会社に新しい事業を持っていかないといけないことになりまして。じゃあどっかのタイミングでゲーム事業を持っていこうと、30歳の時に独立させていただきました。

―――どうしてゲーム事業を持っていこうとしたのですか?
中山:ゲーム事業じゃなくてもよかったのです。当時任天堂の山内溥社長が、ある基調講演で「なぜゲーム業界に入ってこないのか。(当時100万本以上売れるソフトがたくさんあった)宝くじで1億円を当てるよりもどれだけ確立高いのがわからないのか」とおっしゃったのです。その言葉にうまく乗る形で、ゲームで独立する決意をしました。

―――山内社長の言葉が影響している、と
中山:任天堂さんの仕事のやり方は知っていましたし。ただ開発する為のノウハウが無く、メンバーもいないのがネックでした。これが解消しない限り前に進めませんからね。その時、人材を募集し、(ジュピター第一期生として)入ったのが目黒です。
(※目黒 徳親:『ピクロス』シリーズを1作目から最新作まで携わっている。現ジュピター開発部マネージャー)

任天堂さんとは独立する前に勤めていた会社で営業としてお付き合いをしていた関係で知っているのですが、「中山くんは信用できるけど、ジュピターは仕事したことないから信用できないよ」ということで、何かアイディアを持っていかなくちゃあかんねという所から提案したのが『ピクロス』です。

―――どうしてゲームボーイで『ピクロス』を作ることになったのですか?
中山:当時イラストロジックやモノグラムなどが流行っていて、ゲームなら紙もペンもいらないですからね。提案して実際に開発しませんか?ということになり、ここでようやく任天堂さんと繋がる形を作ることができました。ここで『ピクロス』が採用されなかったら、きっと任天堂さんとのお付き合いは中々作れなかったと思います。

その時、紹介してもらったのがエイプの石原様です。あの頃は『MOHTER』だったでしょうか。開発の納期がまだあり、石原様にディレクションをしてもらうことになりまして。さらに、マリオという名前の冠まで乗せていただいて、ほんとうにラッキーな商品でした。
(石原恒和:当時はエイプの副社長で、退社後クリーチャーズを設立。現在は株式会社ポケモンの代表取締役社長)

―――『ピクロス』にマリオが登場するアイディアは宮本さんという話をお聞きしました
中山:任天堂の担当者がたまたま宮本さんだったからですね。ディレクションが石原社長と、今考えてみるとすごい組み合わせですよね(笑)
宮本さんとは『ピクロス』以前からお仕事をさせていただいて存じ上げていて、とても恵まれた環境で『マリオのピクロス』が誕生しました。

(次回に続きます)

ちなみに『マリオのピクロス』は、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソールにて400円(税込)で配信中です。

次回は『ポケモンピンボール』や振動カートリッジ誕生のお話をお届けします。
《まさと》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

    「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  4. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  5. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  6. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  7. 【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

  8. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  9. 【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

  10. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

アクセスランキングをもっと見る