人生にゲームをプラスするメディア

【LEVEL5 WORLD 2011】レイトン教授の息子が主役!『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』

モバイル・スマートフォン iPhone

レベルファイブは、iOS向け初タイトル『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』を発表しました。

LEVEL5 WORLD 2011で初披露となったレベルファイブ初のiOS向け新作『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』は、レイトン教授の息子が主人公の新しい『レイトン教授』シリーズです。

レイトン教授の息子である「アルフェンディ・レイトン」は、スコットランドヤードの天才的な事件分析官。明晰な分析力と卓越した論理で、あらゆる事件を解決に導くと言われている人物です。

そんなアルフェンディのコンビを組むのは、駆け出しの見習い分析官「ルーシー・クレイラ」。2人はスコットランドヤードの奥深くにあるミステリールームで事件を研究しています。

そして本作は移動や会話を繰り返してフラグを立てると言う一般的なアドベンチャーゲームではありません。プレイヤーの観察と推理だけで事件を解決
する、純粋な推理ゲームを目指して現在鋭意制作中。

会場では開発中の物が展示されていて、ゲームの一部「消えた殺人者」を体験することが出来ました。殺人事件が発生した現場に行くと調査開始。被害者の遺体を調べたり、証拠を探したり・・・。

見つけた証拠は「証拠カード」としてストックされます。証言者の聞き込みでは「証言カード」を入手。カードが揃ってきたら推理開始。事件の解決に必要な質問に対する正しいカードを選び、全ての事象があうように推理して行きます。

ただ今回の出展バージョンでは長く遊ぶことが出来ず、ゲームの一部しか触ることが出来ませんでした。このゲームはタッチ操作を指でやるので、ニンテンドーDSの時とはちょっと操作感覚が違うので戸惑いました。今後の制作に期待したい所です。

また、お気づきの方もいると思いますが、本作はこれまでニンテンドーDS向けに発表されていた『ミステリールーム』を大胆に変更したゲームです。『レイトン教授』シリーズの新たなソフトとして作られる『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』、そしてレベルファイブ初のiOS向けゲーム、両方の視点で今後の動きに要注目です。

『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』は、配信日・価格共に未定です

(C)LEVEL-5 Inc.
《まさと》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】現代のボトルメール・アプリ『ひとりぼっち惑星』は人々の孤独感を受け止める器だった

    【プレイレポ】現代のボトルメール・アプリ『ひとりぼっち惑星』は人々の孤独感を受け止める器だった

  2. 【インタビュー】声優・松未可子を直撃!新作アプリ『ゴッドオブハイスクール』の魅力や担当キャラの印象を訊いた

    【インタビュー】声優・松未可子を直撃!新作アプリ『ゴッドオブハイスクール』の魅力や担当キャラの印象を訊いた

  3. 話題アプリ『ひとりぼっち惑星』人気のあまりサーバーダウン…復旧の目処は?

    話題アプリ『ひとりぼっち惑星』人気のあまりサーバーダウン…復旧の目処は?

  4. アバターは何と1垓(1兆の1億倍)通り!リアルタイムRPG『ドラゴンハンターCOOP』がサービス開始

  5. 『Fate/Grand Order』推奨環境外からのプレイが不可能に…Jailbreak、エミュレータ、rootなどが対象

  6. iPhone 7/7 Plusの筐体画像が続々登場!ヘッドホンジャック廃止やカメラ性能が大幅進化に?

  7. Android版『艦これ』本稼働は今夏…“希望する全ての提督”に提供

  8. メテオや疫病に耐え、羊を増やしまくるカードゲーム『シェフィ』がアプリ化

  9. 『トバルNo.1』を手がけたドリームファクトリー新作『ゼビウス ガンプの謎はすべて解けた!?』登場

  10. あの「ピタゴラスイッチ」がパズルゲームに!言語を介さずに論理的・抽象的な思考力を育成

アクセスランキングをもっと見る

page top