人生にゲームをプラスするメディア

これが「新型iPhone」の衝撃画像? ― スパムメールの偽画像やマルウェアに要注意

モバイル・スマートフォン iPhone

これが新型iPhone?と、一瞬興味をいだかせる画像だが
  • これが新型iPhone?と、一瞬興味をいだかせる画像だが
  • 進化したiPhone?
  • リンクからは「iphone5.gif.exe」というマルウェアがダウンロードされる
 いよいよアップルは本日、次期iPhoneを発表する予定だとされている。しかし一方で、この話題に便乗したスパムメールが出回っているとして3日、エフセキュアが注意喚起する文章を公式ブログで公開した。

 そのメールでは、なんとシースルーのボディとなり、手のひらが透けて見えている「iPhone 5GS」の画像が掲載されている。つい興味を持ってリンクをクリックすると、ハッキングされたサーバ「comiali.com」でホスティングされた「iphone5.gif.exe」というファイルがダウンロードされるという。

 ダウンロードされたファイルは、一見GIF画像のように偽装されているが、Windows実行ファイルのマルウェアとなっている。これを実行させると、さらにiPhoneをパロディとした画像が表示され、その背後では、IRCボットに感染し、マシンが外部からコントロールされてしまうというのだ。クレジットカード情報の窃盗なども可能で、マルウェア内部には「I wanna be a billionaire so frickin bad!」というテキストも含まれている模様だ。

 もちろん今後しばらく、「iPhone 5」に関連して、これ以外の画像やメールも多数出回ることが予測される。興味深い内容のメールが届いたとしても、差出人やリンク先には、いま一度注意が必要だろう。

これが「新型iPhone」の衝撃画像?……スパムメールの偽画像やマルウェアに要注意

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

    世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

  2. 【ネタバレ注意】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達…Bot利用のデータ確認目的で

    【ネタバレ注意】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達…Bot利用のデータ確認目的で

  3. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

    錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  4. 『Ingress』で広島の平和公園に巨大折り鶴が描かれる ─ 8月6日の平和記念式典に向け

  5. 『ポケモンGO』広島市が平和記念公園の「ジム」「ポケストップ」削除要請…プレイ自体は禁止せず

  6. 「ポケモンGO Plus」発売延期、準備に遅れが生じる

  7. 『スマッシュドラグーン』サービス終了、『ソウルサクリファイス』チームが開発したアクションRPGが閉幕

  8. 【レポート】リアルつりびとが『ポケモンGO』片手に大海原へ!相模湾ポケモン生態調査

  9. JRなど鉄道事業者が『ポケモンGO』に関する要請書を提出…「鉄道施設内にポケモンが出現しないように」

  10. 『マーベル ツムツム』新ヴィランなどが登場する大型アプデVer.2.0.0配信開始、記念キャンペーンも

アクセスランキングをもっと見る

page top