人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2011】見てみた、触ってみた!3DS『ラビリンスの彼方』プレイレポート

任天堂 3DS

KONAMIとトライエースのタッグによる、ニンテンドー3DSソフト『ラビリンスの彼方』を東京ゲームショウ2011会場でプレイしてきました、

『ラビリンスの彼方』は、『ファイナルファンタジータクティクス』『ベイグランドストーリー』『ヴァルキリープロファイル2 シルメリア』『エンド オブ エタニティ』などを手掛けた勝呂隆之氏がディレクターを担当する新作ニンテンドー3DSソフトです。

本作はいわゆるダンジョンRPGで、3Dで広がるダンジョンの中を攻略していきます。一般的な3Dダンジョンゲームと違うのは、画面の中に女の子がいるということ。これにより、プレイヤーは語りかけられたり、道に迷わず進めたり、時には守ってあげたりなどします。

3DダンジョンRPGですので、もちろん敵は存在します。敵と接触すると戦闘開始。本作ではターン制を採用しており、属性は3すくみあります。いわゆるジャンケン方式で、下画面に表記されているので、うまく考えながら攻撃するのが攻略のポイントとなりそうです。

また、攻撃は通常攻撃の他、力を溜めたような強力攻撃も選択可能。これを選ぶとダメージは増えますが、回ってくるターンが少し後ろになってしまいます。試遊台ではほんの少しだけの体験だったので、もっとやり込めば奥深い戦闘が楽しめそうです。

初めはとりあえず適当に攻撃してても敵は倒せるので、難しく考えなくてもプレイできるのがわかりました。戦闘システムをより把握すれば、快適に戦闘をこなせそう。体験時間がちょっとだったのでそこまでたくさん戦闘出来なかったのが心残りですね。

パーティはどうやら最大4人のようで、ゲームの進行にあわせてインターネットのチャットの様にセリフが表示されます。妙に人間臭いセリフが語られるので、オンラインRPGを遊んでいるような感覚になります。

そしてサウンドは桜庭統さんが担当と言うことで、トライエース作品なんだなと言うのがわかります。ほんの10分程度しかプレイしていませんが、カッコイイ!と言うのが記憶に残ります。桜庭さんのファンの方も要注目です。

また、戦闘シーンなど最新のスクリーンショットもあわせて公開されたのでぜひご覧ください。

インサイドでは『ラビリンスの彼方』のプロデューサーである向峠慎吾氏にインタビューを行いました。後日掲載しますのでこちらもお楽しみに。

『ラビリンスの彼方』は、発売日・価格共に未定です。

(C)Konami Digital Entertainment
《まさと》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

    ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  4. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  5. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  8. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  9. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  10. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

アクセスランキングをもっと見る