人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2011】全世界で10億人が遊ぶサービスを作りたい/グリー田中社長による基調講演

ゲームビジネス その他

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
今年は3部構成となった東京ゲームショウ(TGS)の基調講演。そのトリをつとめたのが、SNSサービス「GREE(グリー)」を展開する、同社の田中良和社長です。基調講演は「ソーシャルゲームが起こすパラダイムシフト」と題して、日経BP者の品田英雄氏を聞き手に、対談形式で行われました。

冒頭、田中氏はTGSということもあり、ゲーマー遍歴と共に自己紹介を行いました。1977年生まれの田中氏は、小学生の時にファミコンに触れ、『ドラゴンクエスト』にハマった世代。中学・高校時代は放課後ゲームセンターに直行し、『ストリートファイターII』『バーチャファイター』で腕を磨く毎日。その一方でキューハチのゲームも楽しんだと言います。その後、大学生でWindows95の洗礼を受けました。

このように一般的なゲーム好きと、それほど変わらない思春期を送った田中氏。「東京ゲームショウには何度も遊びで来ていた」というほどで、今でもゲーム好きのDNAはうずくよう。基調講演では「正直、アウェー感を感じる」と漏らしつつも、「やっぱりゲームショウは楽しい」とコメントしていました。

■ソーシャルゲームと表裏一体で進んだ社会の変化

さて、その田中氏によると、現在のソーシャルゲームは「通信環境」「流通手段」「販売手法」という3つの社会変化と表裏一体で進みました。「通信環境」とは3G回線による常時接続環境。「流通手段」とは、いつでも好きなときに買えるダウンロード販売。そして「販売手段」とは少額課金が実現したアイテム課金販売です。

もっとも、これは過去の話。田中社長は「今後の5年間に起きる、もう一つの大変化」として、コンピュータのダウンサイジングの波を受けて、「スマートフォンを母体とした、統合コンピュータ基板が登場する」と分析。ゲーム業界も、こうしたIT業界の潮流を踏まえる必要があると語りました。

コンピュータの歴史を振り返ると、専用機と汎用機が互いに刺激を与えながら、DNAの二重らせん構造のように進化してきたことがわかります。専用機であるワープロと、汎用機であるPCの関係性などは、その好例です。ゲームもまた基調講演の第一部でCESA和田会長が示したように、専用機から汎用機へと領域を拡大させてきました。

もっとも田中氏は、これらは単純な対立軸ではなく、専用機と汎用機が両者の持ち味を生かして、共に市場を拡大させていけば良いと語ります。「ソーシャルvsパッケージのような、単純な対立構造には疑問を感じる」(田中氏)。

■ゲームを通して社会のイノベーションに貢献したい

一方で田中社長が予測するのが、スマートフォン自体が高性能・多機能化し、大量生産によって、無料に近い価格で世界中に拡散する時代の到来です。

ウェブ業界ではしばしば、アプリとウェブサービスの境目がなくなり、ウェブが全世界統一のプラットフォームになるという観測も聞かれます。キーワードはHTML5という記述言語です。サービスの母体がクラウドにシフトし、端末の役割がウェブの閲覧に限定されれば(リッチな通信環境が必須となりますが)、端末単価は劇的に下げられます。

ちなみに「端末はウェブ再生器」「サービスはクラウド」で実現したエンタテインメントが、まさにフィーチャーフォンによるソーシャルゲームに他なりません。これが普及したのは、日本が世界に先駆けて3G回線の整備と普及を行ったから。今後は世界中が日本のようになっていかない・・・と考える理由は、どこにもありません。

「まあ、iOSかAndroidか、はたまたHTML5が今後もスタンダードになるか否かはわかりませんが」としつつ、スマートフォンを中心とした環境がゲームに限らず、さまざまな専用機の機能を、急速に取り込んでいくのは確実と田中氏は分析します。こうした変化を踏まえて、サービスを考えていく必要があると言うわけです。

こうした観測のもとに、グリーは企業買収や提携拡大などを通して、世界展開を急ピッチで進めています。これもスマートフォンの爆発的な普及に伴う、社会のイノベーションに貢献したいから。パッケージvsソーシャルという狭い見方ではなく、こうした意識から、世界10億人に届けられるサービスを展開していきたいと意気込みを語りました。

余談ですが、この「10億人」という数字を聞きながら、2005年のE3にマイクロソフトのロビー・バック氏(当時)が、Xbox360の紹介で掲げたビジョンが思い出されました。10億人に先に到達するのはコンシューマが先か、それともソーシャルゲームが先か・・・という質問はナンセンスでしょう。昨今ではコンシューマのSNS対応も進んでおり、お互いがお互いの良さを取り込みつつ、両者で達成していただきたいところです。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  6. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  7. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  8. 【プレイレビュー】『BIOSHOCK INFINITE』をより深く楽しむために知っておくべき4つの事(世界背景&ヘビー・ヒッター編)

  9. ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

  10. GOTYは『DARK SOULS III』に!「Golden Joystick Awards 2016」受賞作品発表

アクセスランキングをもっと見る