人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2011】ソニー、基調講演でPSVItaの開発タイトル30本の映像を公開

ソニー PSV

ソニー・コンピュータエンタテイメントは東京ゲームショウの基調講演で15日、PlayStation Vitaで開発中の新作30本の映像を公開しました。

■ソニー・コンピュータエンタテインメント
『GRAVITIY DIZE』『みんなのGOLF 6』『STARSTRIKE DELTA』『サワリ・マ・ク~ル』『WipEout2048』『リトルビッグプラネット(仮称)』『リアリティファイター』『Escape Plan(仮称)』『サウンドプラン(仮称)』『アンチャーテッドー地図なき冒険の始まりー』

■ユービーアイソフト
『MICHEAL JACKSON THE EXPERIENCE HD(仮称)』『ダーククエスト(仮称)』『LUMINES Electronic Symphony(仮称)』

■コナミデジタルエンタテインメント
『麻雀格闘倶楽部 新生・全国版』『王と魔王と7人の姫君たち~新・王様物語~』

■バンダイナムコゲームス
『リッジレーサー(仮称)』『テイルズ オブ イノセンス R』

■スクウェア・エニックス
『地獄の軍団』『ロード オブ アポカリプス』

■スパイク
『忍道2 散華』

■カプコン
『STREETFIGHTER X 鉄拳』

■アクワイア
『墨鬼 SUMIONI』

■日本一ソフトウェア
『魔界戦記ディスガイア3 Return』

■セガ
『パワースマッシュ4』

■ディースリー・パブリッシャー
『ドリームクラブ ZERO ポータブル』

■日本ファルコム
『イース セルセタの樹海』

■チュンソフト
『真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)』

■ガンホー・オンライン・エンターテインメント
『ラグナロク オデッセイ』

■コーエーテクモゲームス
『真・三國無双 NEXT』

■アーク・システムワークス
『BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND』

PlayStation VitaはPS史上最高の26本のローンチタイトルと共に、2011年12月17日に発売予定です。Wi-Fi/3GモデルとWi-Fiモデルが存在し、価格は各29800円/24800円。参入ライセンシーは日本76社、北米20社、欧州57社で、国内では100タイトル以上の開発が進行中です。

基調講演の詳細については後ほどレポートします。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. スマホ版『アーク ザ ラッド』発表!オリジナルスタッフが集結し、物語の続きが描かれる

    スマホ版『アーク ザ ラッド』発表!オリジナルスタッフが集結し、物語の続きが描かれる

  2. 『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

    『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

  3. リアルTCGとスマホアプリが合体した「Project FIELD」発表!第1弾コンテンツは『妖怪ウォッチ』

    リアルTCGとスマホアプリが合体した「Project FIELD」発表!第1弾コンテンツは『妖怪ウォッチ』

  4. 細部がより細かく?『人喰いの大鷲トリコ』PS4 ProとPS4の動作比較映像!

  5. PS4『AKIBA'S TRIP2+A』発売日の延期が発表、特典の続報も

  6. 『ニューダンガンロンパV3』井上喜久子や坂本真綾らが演じるキャラを映像で紹介… 山寺宏一の「モノファニー」も必聴!

  7. 【PS3 DL販売ランキング】『戦国無双 ~真田丸~』連続首位獲得、『FIFA 17』3位へ浮上(12/6)

  8. リマスター版『クラッシュ・バンディクー』海外ゲームプレイ―アクアクも鮮やか!

  9. 骨太アクション『マルディタカスティーラ-ドン・ラミロと呪われた大地-』PS4版が12月16日配信決定

  10. 『FFXV』ミステリーディスクの内容が明らかに…プロンプトが大量発生し、松田社長がラスボス!?

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top