最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

【3DSカンファレンス2011】新コース、新キャラ、新アイテム、『マリオカート7』の盛り沢山の新要素を紺野氏が説明

【3DSカンファレンス2011】新コース、新キャラ、新アイテム、『マリオカート7』の盛り沢山の新要素を紺野氏が説明

2011年9月13日(火) 15時07分
  •  の画像
     
  •  の画像
  •  の画像
  •  の画像
  •  の画像
  •  の画像
  •  の画像
  •  の画像
  •  の画像
  •  の画像

12月1日の発売が決定したニンテンドー3DS向け『マリオカート7』について、プロデューサーの紺野秀樹氏が語るインタビューが「ニンテンドー3DSカンファレンス2011」にて公開されました。

紺野氏が紹介した本作の特色として挙げられるのはマシンのカスタマイズ要素です。「最新作ではタイヤ、フレーム、グライダーの3つの組み合わせでマシンの性能を変えられます。例えば、フレームでは重量級や軽量級があり、タイヤではダートに強い大きなものなど、その組み合わせによってコースでの走行に差が出てきます」(紺野氏)

また、新しいコースは16種類が用意されていて、これまでの映像でも確認できたように水中や空中という新たな舞台が登場します。過去のコースをリメイクしたものも多数登場。それらも水中や空中などを盛り込みながらリメイクするという形になっているとのこと。これまでのコースは全て同じコースを3周してゴールという形でしたが、インタビューでは『Wii Sports Resort』で舞台になった「ウーフーアイランド」では長いコースを1周して終わりという物になっている事が明らかにされました。

キャラクターとしてメタルマリオとじゅげむが新しく登場。アイテムでは前後にファイアを放てる「ファイアボール」が登場します。

通信も大事な要素ですが、すれちがい通信、いつの間にか通信、ネットワーク通信のいずれにも対応。すれちがい通信ではプレイヤーゴーストを互いに交換、交換した者同士はネット対戦も容易になるとか。いつの間にか通信では世界中のプレイヤーのゴーストがやってきて対戦が可能になります。ネットワーク通信やローカル通信では8人で対戦が可能です。

3DSのジャイロを使ったハンドル操作にも対応し、その場合は主観視点に切り替わるということです。

最後に紺野氏は「家庭用として第7作目ということで『マリオカート7』というタイトルを冠しました。みなさんが思い入れのあるタイトルはそれぞれ違うと思いますが、『7』も皆さんに愛されるように最後まで全力で作りますので、是非期待をしていて下さい」とコメント。12月1日の発売が楽しみです。

(Article written by 土本学)

任天堂アクセスランキング


パッケージ画像
機種 3DS
ジャンル RCG
発売元 任天堂
開発元 任天堂
発売日 2011年12月01日
プレイ人数 1〜8人プレイ対応