人生にゲームをプラスするメディア

『機動戦士ガンダムEXTREME VS.』伝統システムを継承したさらなる“極限進化”作品

ソニー PS3

バンダイナムコゲームスは、PS3ソフト『機動戦士ガンダムEXTREME VS.』の最新情報を公開しました。

『機動戦士ガンダムVS.』シリーズ最新作である『機動戦士ガンダムEXTREME VS.』は、現在アーケードゲームとして稼働中の2on2のチームバトルアクション。今回プレイステーション3に移植されることとなりました。

基本となるシステムはこれまでの「ガンダムVS.」シリーズ伝統のシステムを継承。バトルは2on2のチームバトルで先に敵チームの戦力ゲージをゼロにしたチームが勝ちとなり、方向キーの移動と4つのボタンを使用してのジャンプ、サーチとターゲット切り替え、射撃、格闘といった従来と同じ操作方法を採用するとのことです。

ステップやブーストダッシュによってあらゆる行動をキャンセルできる「エクストリームアクション」や、溜まったゲージを消費して機体を一定時間強化することのできる、一発逆転の「エクストリームバースト」などのEXシステムももちろん搭載されています。

ゲームの基本ルールは2on2のチームバトルで、勝敗を決定するのは、ゲーム画面左上に表示される「戦力ゲージ」(緑色が自チームの戦力ゲージ、赤色が敵チームの戦力ゲージ)。敵機を撃破すれば、そのコストに応じて敵チームの戦力ゲージが減少、逆に自機や僚機が撃破されれば自チームの戦力ゲージが減少してしまいます。

敵チームの戦力ゲージをゼロにすることができれば勝利となりますが、先に自チームの戦力ゲージがゼロになると、敗北。戦力ゲージがゼロにならない限り何度でも復活できることが本シリーズの一つの特徴となっています。そのため、自分だけでなく僚機の状況にも気を配り、僚機のピンチには援護するなどのチームプレイが勝利の鍵となります。

プレイは方向キーでの8方向移動、「ジャンプ」ボタンでのジャンプ、「サーチ/ロックオン」で敵機のサーチとターゲット切り替え、「射撃」「格闘」ボタンで攻撃を行うスタイルです。方向キーの上下でガード、ボタンの長押しでのチャージ格闘やチャージ射撃、複数のボタンの組み合わせで特殊射撃、特殊格闘やサブ射撃などのさまざまなアクションも行えます。

そしてあらゆる行動をキャンセルできるEXアクションには「ブーストダッシュ」と「ステップ」が存在。前者は射撃、格闘などのすべての行動をキャンセルでき、かつ長い距離を素早く移動することができます。一方後者は短い距離を素早く移動し、格闘攻撃をキャンセル可能。敵の攻撃の誘導性を無力化することもできます。両者ともブーストゲージを消費し、ブーストゲージがゼロになると無防備になってしまうので、計画的に使用しましょう。

さらに、EXゲージを半分以上溜めることで発動する事ができる「エクストリームバースト」では、一定時間機体をパワーアップさせることができます。エクストリームバースト発動中にしか使用できない技もあるので、ここぞと言うときに使用しましょう。

登場機体ですが、アーケードのCPU戦の最終ボスとして登場するガンダムVS,シリーズ初のオリジナルモビルスーツである「エクストリームガンダム」が当然ながら家庭用にもボスとして登場します。エクストリームガンダムには、射撃特化形態の「カルネージ・フェイズ」、格闘特化形態の「タキオン・フェイズ」、ファンネル特化形態の「イグニス・フェイズ」の三種の戦闘形態があり、いずれかの戦闘形態で登場します。

なお、バンダイナムコゲームスでは、9月17日より開催される「東京ゲームショウ2011」において、PS3版の特別な体験版を遊ぶことの出来る試遊台を設置予定とのこと。また、18日にはアーケード版の10周年記念大会を会場特設ステージで開催する予定となっています

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』は、12月1日発売予定で価格は8,380円(税込)です。

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「PS4本体+ソフトを収納するスタンド」発売決定…レトロゲーム機向けアクセサリーなども

    「PS4本体+ソフトを収納するスタンド」発売決定…レトロゲーム機向けアクセサリーなども

  2. 『シェンムー3』クラウドファンディング始動から1年、鈴木裕が開発状況を報告

    『シェンムー3』クラウドファンディング始動から1年、鈴木裕が開発状況を報告

  3. 『ストリートファイターV』ゼニー廃止に伴う追加補填が発表、バトルコスチューム配布へ

    『ストリートファイターV』ゼニー廃止に伴う追加補填が発表、バトルコスチューム配布へ

  4. 【PS4 DL販売ランキング】『バトルフィールド 4』連続首位、『初音ミク Project DIVA Future Tone』初登場ランクイン(6/29)

  5. PS4/PS3『ブレイブルー セントラルフィクション』PV公開、初公開のイベントや「Es」のバトルをチェック

  6. 『アイマス プラチナスターズ』新たなゲームシステムからイベント情報まで一挙判明! DLCや新CDなどの展開も

  7. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  8. 『うたわれるもの 二人の白皇』では「アンジュ」が戦闘に参加、システム「協撃必殺』や限定版特典の詳細なども

  9. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  10. 『グランツーリスモSPORT』のフォトモードでは車内も撮影可能

アクセスランキングをもっと見る

page top