人生にゲームをプラスするメディア

【CEDEC 2011】CRI・ミドルウェアのブースではPSVita対応やUnityとの連携も

ゲームビジネス その他

PSVita対応
  • PSVita対応
  • PSVita対応
  • 3DSでアルファムービー再生
  • 3つのムービーをアルファ再生
  • 進化するADX2
  • Unityとの連携
  • iPadでの再生
  • ムービーテクスチャ
音楽や映像に関するミドルウェアを得意とするCRI・ミドルウェアはブースで、同社の主力商品である「ADX2」や「Sofdec2」の最新アップデートを紹介しています。

目玉の一つはPS Vitaへの対応。音楽再生ミドルウェアの「ADX2」ではインゲームレビューに対応するほか、他の機種と共通の機能に加えてVita固有の機能も追加するとのこと。映像再生ミドルウェアの「Sofdec2」は他の機種と同じフルスペックで提供され、エンコードやプレビューツールも提供されるとのこと。会場では「ADX2」のインゲームレビューや「Sofdec2」の複数同時再生やアルファムービーのデモが行われていました。

また、今回のCEDECでも大きな注目を集めているUnityと連携したデモも展示。「ADX2」では実機で確認しながらレベルにサウンドを配置していくデモが行われていました。「Sofdec2」ではUnity単体では実現できない、ポリゴンにムービーをテクスチャとして貼り付けて再生するというデモが見られました。現在のところ技術デモでありどのように提供していくかは未定ということですが、期待されます。

ニンテンドー3DS向けには「Sofdec」の拡張版のような形で、3つのアルファムービーを重ねて再生するデモが用意されていました。過去にニンテンドーDSで実現していたものを3DSでも実現したもので、こちらは実際にライセンスもされているようです。

CRI・ミドルウェアでは7日に「最短距離でほしい武器を手に入れろ!カプコン、自社エンジンへのミドルウェア融合事例  ~ ニンテンドー3DS新作『謎惑館』で臨場感あふれるサウンドを実現」、8日に「進化するADX2」というタイトルでセッションを予定しています。こちらも是非注目を。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

    目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  2. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

    【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  3. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  4. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  5. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  6. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  7. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  8. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  9. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る

page top