人生にゲームをプラスするメディア

【CEDEC 2011】Unity、日本法人Unity Technologies Japanを設立

ゲームビジネス その他

ゲーム開発プラットフォーム「Unity」を開発するUnity Technologiesは6日、アジア展開の拡大を図るため日本法人としてUnity Technologies Japanを設立すると発表しました。日本法人は代表取締役会長に元セガ・オブ・アメリカ副社長の豊田信夫氏、取締役社長にUnityのアジア担当ゼネラルマネージャーのジョングッデール氏、日本担当部長は引き続き大前広樹氏が担います。

Unity CEOのディビッド・ヘルガソン氏は「Unity Technologies 日本オフィスの設立、またその支社の知識のある、情熱的なチームの参画は、世界的なゲーム開発の民主化に向けてUnity Technologies の名前を強固な物にします。日本の開発コミュニティのローカルサポートの提供を楽しみにしています」とコメント。

8日にはCEDECのセッションにおいてディビッド・ヘルガソン氏自らがUnityプラットフォームとアジアにおける拡大について話す予定です。

また、代表取締役会長に就任する豊田信夫氏は「日本全国のUnity コミュニティは過去数年間で急速な広がりを見せています。日本支社の開設により、この地域の徹底サポートと、開発プラットフォームのローカライズを提供できる事が楽しみです」とコメントしています。

<以下プレスリリースより>

●代表取締役会長/豊田信夫
インタラクティブエンターテインメント業界における20 年以上の経験を持ち、15 年間セガオブアメリカ 取締役副社長を務めました。また米国セガサミーホールディングスおよび他の日本企業へのエグゼクティブアドバイザーを務めました。この業界においての豊富な知識、経験、グローバルコネクションをUnity Technologies Japan にもたらします。

●取締役社長/ジョン・グッデール
ジョングッデールはインタラクティブエンターテイメント業界で15 年以上の経験を持っており、セガ、アクティビジョン、ターナーブロードキャスティングシステム、Crytek 社などの企業にて働いた実績があります。また彼は日本に住み、また日本語と英語のバイリンガルとして働いていました。昨年よりUnity Technologies に入社し、アジア全域でのUnity ビジネスをリードすると共にUnity Technologies ディレクター及び、Unity Technologies Japan取締役社長、Unity Technologies アジア担当ゼネラルマネージャーの役割を担っています。

●日本担当部長/大前 広樹
8 年間日本のゲーム業界で働いた実績があり、5 年間フロムソフトウエアでテクニカルディレクターを務め、その後2009 年からゲーム開発者として独立し活躍しております。2010 年にUnity Technologies 日本担当部長として入社し、ネイティブの開発者にプラットフォームを拡張しております。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  2. スクエニとイニスがタッグを組んだ新作音ゲー『DEMONS' SCORE』 時田貴司プロデューサーに聞いた開発秘話

    スクエニとイニスがタッグを組んだ新作音ゲー『DEMONS' SCORE』 時田貴司プロデューサーに聞いた開発秘話

  3. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

    プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  4. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  5. 【Unite Japan 2014】FlashデザイナーにとってSpriteStudioは福音なのか・・・KLabが直面したアニメーション制作の課題とは?

  6. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  7. GOTYは『DARK SOULS III』に!「Golden Joystick Awards 2016」受賞作品発表

  8. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  9. あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

  10. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

アクセスランキングをもっと見る