人生にゲームをプラスするメディア

【ドラクエ新作発表会】Wii新作『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』発表 ― オンラインRPGに

任天堂 Wii

スクウェア・エニックスは、Wiiソフト『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』を発表しました。

『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』は、みんなで遊べるオンラインゲームとしてWiiで登場。「短時間プレイでも楽しく遊べるオンラインロールプレイングを目指す」と堀井雄二氏は語ります。

そして開発はスクウェア・エニックス。これまではチュンソフトやレベルファイブなど、外部の制作会社が『ドラゴンクエスト』を制作していましたが、今回はシリーズ初の自社開発となります。

オンラインではシナリオが薄いのでは?と言う点に関しては心配無用とのことです。

『ドラクエX』は、5つの大陸からなる「アストルアティア」が舞台。そこに「オーガ」「ウェディ」「エルフ」「ドワーフ」「プクリポ」5つの種族が登場。プレイヤーは世界の1人となり冒険していきます。そして転職システムを今回も採用。さらに、発売後も新職業が追加されるようで、クエストに関しても続々と登場。また、季節ごとに様々なイベントが実施。季節にあわせた世界観にも注目です。

最後に「安心して遊べる信頼」と言うテーマについて語る堀井氏。オンラインゲームだからと言って多人数プレイだけではないようで、ひとりでも100%楽しめる内容に。お気軽にログアウトできるようになっているそうです。

そして『ドラクエX』の世界を紹介。プレイヤーは『ドラクエIX』のようにプレイヤーを作成してスタート。画面には不要な情報は無し、いつものようにタンスを調べたりなど、いつものような『ドラクエ』感が楽しめます。

酒場に行くと仲間を募集することが出来ます。ネットワークに接続した他のプレイヤーだけでなく、NPCを連れて冒険に出ることも。装備は『ドラクエIX』のようにリアルタイムに反映されます。

また、戦闘は前作同様シンボルエンカウント方式を採用。フィールド上にいるモンスターに接触すると戦闘開始。ターン制を採用していますが、オンラインということで今回は一定時間の経過でターンが回ってくるシステムになりました。

オンラインならではと言うことで、他のプレイヤーが途中戦いに加わったり、その様子を観戦することも出来るように。これもオンラインならではのシステムですね。

さらに、「職人システム」が新たに登場。これによっていつもの錬金の成功・失敗だけでなく、新たな能力が追加されたりなども。他にはお馴染みの「スキルシステム」も搭載。ポイントを割り振ることで、様々な特技を覚えて使うことが可能になります。

なお、気になる発売日に関して堀井雄二氏は「2012年、詳しくはWEBで(笑)」とコメントし、『ドラゴンクエスト』新作発表会の幕を下ろしました。

『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』は、2012年発売予定で価格は未定です。

(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)KOICHI SUGIYAMA
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 盗まれたニンテンドースイッチ本体が流出―米任天堂が明らかに

    盗まれたニンテンドースイッチ本体が流出―米任天堂が明らかに

  2. 『スプラトゥーン2』発売日・試射会・ジャイロ操作など、現時点で判明している情報をまとめてお届け

    『スプラトゥーン2』発売日・試射会・ジャイロ操作など、現時点で判明している情報をまとめてお届け

  3. 任天堂「ニンテンドースイッチ」の発売日やスペック、対応ソフトは?―現時点の情報まとめ

    任天堂「ニンテンドースイッチ」の発売日やスペック、対応ソフトは?―現時点の情報まとめ

  4. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  5. ニンテンドースイッチの開発環境について「移植は1年以内で可能」とコメント…次世代の携帯型ゲーム機は「常に考え続けています」

  6. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  7. 『1-2-Switch』新情報公開―20人規模で楽しめる「チームマッチ」とは?

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 盲目のゲーマー、約4年半費やし『ゼルダの伝説 時のオカリナ』をクリア…「長い道のりだったけどようやくゴールできました」

  10. 【3DS DL販売ランキング】『DQMJ3プロフェッショナル』2位浮上、アニメ版『蒼き雷霆ガンヴォルト』初登場ランクイン(2/16)

アクセスランキングをもっと見る