人生にゲームをプラスするメディア

【ドラクエ新作発表会】Wii新作『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』発表 ― オンラインRPGに

任天堂 Wii

スクウェア・エニックスは、Wiiソフト『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』を発表しました。

『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』は、みんなで遊べるオンラインゲームとしてWiiで登場。「短時間プレイでも楽しく遊べるオンラインロールプレイングを目指す」と堀井雄二氏は語ります。

そして開発はスクウェア・エニックス。これまではチュンソフトやレベルファイブなど、外部の制作会社が『ドラゴンクエスト』を制作していましたが、今回はシリーズ初の自社開発となります。

オンラインではシナリオが薄いのでは?と言う点に関しては心配無用とのことです。

『ドラクエX』は、5つの大陸からなる「アストルアティア」が舞台。そこに「オーガ」「ウェディ」「エルフ」「ドワーフ」「プクリポ」5つの種族が登場。プレイヤーは世界の1人となり冒険していきます。そして転職システムを今回も採用。さらに、発売後も新職業が追加されるようで、クエストに関しても続々と登場。また、季節ごとに様々なイベントが実施。季節にあわせた世界観にも注目です。

最後に「安心して遊べる信頼」と言うテーマについて語る堀井氏。オンラインゲームだからと言って多人数プレイだけではないようで、ひとりでも100%楽しめる内容に。お気軽にログアウトできるようになっているそうです。

そして『ドラクエX』の世界を紹介。プレイヤーは『ドラクエIX』のようにプレイヤーを作成してスタート。画面には不要な情報は無し、いつものようにタンスを調べたりなど、いつものような『ドラクエ』感が楽しめます。

酒場に行くと仲間を募集することが出来ます。ネットワークに接続した他のプレイヤーだけでなく、NPCを連れて冒険に出ることも。装備は『ドラクエIX』のようにリアルタイムに反映されます。

また、戦闘は前作同様シンボルエンカウント方式を採用。フィールド上にいるモンスターに接触すると戦闘開始。ターン制を採用していますが、オンラインということで今回は一定時間の経過でターンが回ってくるシステムになりました。

オンラインならではと言うことで、他のプレイヤーが途中戦いに加わったり、その様子を観戦することも出来るように。これもオンラインならではのシステムですね。

さらに、「職人システム」が新たに登場。これによっていつもの錬金の成功・失敗だけでなく、新たな能力が追加されたりなども。他にはお馴染みの「スキルシステム」も搭載。ポイントを割り振ることで、様々な特技を覚えて使うことが可能になります。

なお、気になる発売日に関して堀井雄二氏は「2012年、詳しくはWEBで(笑)」とコメントし、『ドラゴンクエスト』新作発表会の幕を下ろしました。

『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』は、2012年発売予定で価格は未定です。

(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)KOICHI SUGIYAMA
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 手のひらサイズの「ファミコン」に名作30本収録!「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表

    手のひらサイズの「ファミコン」に名作30本収録!「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表

  2. 『モンハン ストーリーズ』DAIGOをCMキャラに起用、リオレウスと共に世界を救う!

    『モンハン ストーリーズ』DAIGOをCMキャラに起用、リオレウスと共に世界を救う!

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  5. フシギバナ・リザードン・カメックスの「ポケモンジュエリー」が販売中、リングらしかぬド迫力のデザインに

  6. 3DS『にょきにょき たびだち編』発売日変更、11月16日に前倒し

  7. 『モンハン ストーリーズ』OPムービー公開! “ライダー”の冒険を迫力たっぷりに描く

  8. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」発表!HDMI接続に対応し、30作品を収録

  9. 『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

  10. 『スプラトゥーン』立体パズルが11月末発売決定―全部組み立てなイカ?

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top