人生にゲームをプラスするメディア

「モバゲー」のDeNA、横浜ベイスターズの買収に興味?・・・サンスポが報じる(2)

ゲームビジネス 市場

横浜を拠点とする横浜ベイスターズ
  • 横浜を拠点とする横浜ベイスターズ
  • 今期も低迷が続いている
サンケイスポーツは、プロ野球の横浜ベイスターズの親会社であるTBSホールディングスが昨年に引き続き売却先を模索中で、有力候補として旅行代理店大手のHISや「Mobage」で知られるディー・エヌ・エーが挙がっていると報じています。

TBSは広告収入の落ち込みから経営不振に陥っており、多額の赤字を計上している球団を手放したい意向で、昨年は住生活グループ(LIXIL)と交渉を行ったものの、本拠地を巡って合意寸前で決裂した経緯があります。チーム自体も3年連続で最下位で、今期も現在のところ最下位。

ディー・エヌ・エーは球団経営で更に知名度を浸透させたい考えのよう。

プロ野球の球団各社は多くが赤字で、横浜ベイスターズも年間20数億円の赤字が続いていて、親会社が広告費で補填する形となっています。ディー・エヌ・エーの2011年3月期の通期業績は売上高1127億円、営業利益560億円で、非常に高収益な企業に成長しています。現在はスマートフォン向けの展開を強化。更なる知名度の拡大を図りたいということのようです。

ただし、ディー・エヌ・エーはインサイドに対し「そのような事実はない」と否定しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

    【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

  2. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

    【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  3. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート  サイバー感溢れる映像が360度で展開

    「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  4. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  5. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 「何がゲームを殺すのか?」−売上は好調なのにリストラが続く不思議

  8. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  9. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  10. 2016年英国ゲームセールスの58%は「デジタル販売」、初のディスク凌駕に

アクセスランキングをもっと見る