人生にゲームをプラスするメディア

失われた「50m」とは!?『ドンキーコング』意外と知らない7のヒミツ

その他 全般

今年はマリオ生誕30周年!というワケで、マリオの初登場作である『ドンキーコング』にまつわるトリビアをご紹介したいと思います。

■マリオに名前が無かった
これは有名なはなしですね。当時、マリオはまだ名前が無く「ジャンプマン」や「ミスタービデオゲーム」という”あだ名”で呼ばれていました(ドンキーコングとレディは既に名前がありました)。操作方法の書かれた紙では、マリオは「プレイヤー」と記されています。なお、「マリオ」の名前が使われたのは『ドンキーコングJr.』からです。

■マリオの指が4本
ファミコン版のパッケージのマリオをよく見てください、マリオの指が4本なのです。これはドンキーコングも同様。アーケード版のイラストや、当時のフィギュアを見ても、マリオの指は4本となっています。

■アーケード版はステージが1つ多い
ファミコン版だとステージは3つでクリアとなりますが、アーケード版はステージが1つ多いのです。アーケード版は「25m」「50m」「75m」「100m」というステージになっており、そのうち「50m」にあたるステージがファミコン版ではカットされています。このステージはGB版で体験することができます。



■アーケード版は2種類ある?
アーケード版には、2種類のバージョンがあります。それを見分けるポイントはステージが表示される場面のメッセージ。この英語で出るメッセージが「HOW HIGH CAN YOU TRY?」と「HOW HIGH CAN YOU GET?」の2種類があるのです。「~TRY」が初期出荷バージョンと言われており、簡単にステージクリアできてしまう裏技ができます。

■任天堂以外のハードにも移植されている
マリオは任天堂のハードにしか出演しないイメージがありますが、当時はパソコンや他社ハードにもライセンスを得て移植されていました。ちなみに、初めて家庭用ゲーム機に移植されたのはファミコン版ではなく、1982年に発売されたゲーム機「コレコビジョン」です。



■『Donkey Kong Classics』というゲームがある
こちらはファミコン版『ドンキーコング』と『ドンキーコングJr.』がセットになって発売された、NES用(海外版ファミコン)ゲーム。1988年に北米で、1989年に欧州で発売されました。こちらも日本ではお目にかかれなかったソフトです。

■アーケード版は『ドンキーコング64』で遊べる
1999年にニンテンドウ64用の発売された『ドンキーコング64』。このゲームである条件を満たすことで、アーケード版が遊べてしまうのです。あの筐体も登場します。ファミコン版は『どうぶつの森』等でも遊べますが、アーケード版が移植されたのは今のところこのゲームだけとなっています。

■『Donkey Kong Original Edition』というゲームがある
ファミコン版に、失われた「50m」のステージを追加してオリジナル版に近づけたゲーム。昨年末に海外で発売されたスーパーマリオ25周年仕様Wiiにインストールされていました。国内版は特別仕様の『スーパーマリオブラザーズ』でしたが、海外ではこのゲームがインストールされていたのですね。残念ながら、国内での配信は今のところ予定されていません。



如何だったでしょうか?登場から30年経った今でも遊ばれている『ドンキーコング』。その裏にはたくさんのヒミツがあったのです。ほかにも、まだまだヒミツがあるのかもしれませんね。

遊んだことがない人は、この機会にWiiのバーチャルコンソールで遊んでみてください。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

    登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  2. 【日々気まぐレポ】第191回 ギャラルホルンの象徴「HG ガンダムバエル」を神々しく組み立ててみた

    【日々気まぐレポ】第191回 ギャラルホルンの象徴「HG ガンダムバエル」を神々しく組み立ててみた

  3. なんと「信号機」が超リアルにカプセルトイ化…!本物の図面を参考に作られ、すべて点灯する本格仕様

    なんと「信号機」が超リアルにカプセルトイ化…!本物の図面を参考に作られ、すべて点灯する本格仕様

  4. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  5. 【昨日のまとめ】「信号機」が超リアルにカプセルトイ化、『マリオカート8 デラックス』一新されたバトル5種の映像公開、『ゼルダの伝説 BotW』のカプセルトイ登場…など(3/24)

  6. 『ゼルダの伝説 BotW』のカプセルトイ登場! 弓を持つリンクやマスターソードなど全5種類

  7. 『乖離性ミリオンアーサー VR』がSteamに2017年春登場!―あのソーシャルゲームがVR売り切りタイトルに

  8. 【昨日のまとめ】スイッチのジョイコン認識問題に任天堂が海外声明、スイッチのゲームキューブ風カスタマイズに挑戦、『追放選挙』愛情や復讐が織りなす人間関係とは…など(3/23)

  9. にじよめちゃん、ゲーム大会にプロゲーマーを「代打ち」派遣─“大人げない”戦いが本日幕開け!

  10. 「このすば」2期最終回にてゲーム化が明らかに!タイトルは『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』

アクセスランキングをもっと見る