最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
さくまあきら氏:『桃鉄』新作に「東北復興編」を構想している

さくまあきら氏:『桃鉄』新作に「東北復興編」を構想している

2011年8月15日(月) 12時12分
  • 桃太郎電鉄JAPAN+の画像
    桃太郎電鉄JAPAN+

3月11日に発生した東日本大震災の影響を受け、『桃太郎電鉄』シリーズ最新作となるWiiソフト『桃太郎電鉄2012(仮)』が開発中止になりましたが、「東北復興編」を現在構想しているようです。

開発中止の理由は、以前お伝えした通りゲームに登場するはずだった三陸沖が被災してしまったこと。「被災地に、物件がないのは、悲しすぎるし、何事もなかったように、いままでの物件が堂々と登場するのも変だ」と、『桃鉄』シリーズを手掛けるさくまあきら氏は自身のブログで綴りっており、もしこの先『桃鉄』の新作が出る時は「東北が復興し始めた時じゃないか」としていました。

「東北復興編」に関してはこの時にも案があったものの、ナーバスな問題であるが故、「ちょっと手元が狂っただけで、多くの人を傷つけてしまう」とあわせて語っていました。

震災から5ヶ月が経った今、さくま氏は「地域を引っ張っていく新しい食べ物や、産業の芽が生まれることを期待している。復興の様子や頑張っている姿も教えてほしい。ゲームの力で応援したい」と、前向きなコメントをしています。

「東北復興編」が本当に作られるかどうか、プラットフォームなどに関してはまだ不明ですが、現在ソーシャルゲームの仕様書作りをしていることが8月14日付けの日記で確認できます。もしかしたら今はやりのソーシャルゲームで『桃鉄』を展開するのかもしれませんね。

(Article written by まさと)
評価の高いコメント
  • 2015年6月3日 14:05:46 ID: ZxbfkAg9xP4D
    1 蓬莱山さん
    通報する

    昔から桃鉄をやってる者としては朗報ですね。
    九州、北海道、関西そして関東地区は最新作
    になるほど常に進化していってましたから。
    そして、次は東北と思ったら海外へ終いには
    終了宣言でしたから。
    ただ、さくま様が妥協する名ばかりの桃鉄
    でないことを望みます。

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

その他アクセスランキング