人生にゲームをプラスするメディア

ゲーム画面がそのままシューズになった!?「ALL STAR SUPER MARIO BROS. CS HI」・・・週刊マリオグッズコレクション第149回

その他 全般

パッケージ
  • パッケージ
  • ブルー・左足右側
  • ブルー・左足左側
  • 両足でちょっと柄が違います
  • プリント部分アップ
  • アンクルパッチ
  • シュータンにロゴ
  • 折り返し部分にルイージ
第149回です。今回ご紹介するのは、コンバースとスーパーマリオのコラボシューズ第二弾「ALL STAR SUPER MARIO BROS. CS HI」です。

コンバース「オールスター」と『スーパーマリオブラザーズ』のコラボシューズに第二弾が登場しました!先月発売された「PS HI」(以下、第一弾)はドットマリオを散りばめたデザインでしたが、今回は大胆にもゲーム画面をそっくり使用。テレビ画面がそのままシューズになったようなデザインとなっています。

カラーは、ブルーとブラックの2色。ブルーは1-1をモチーフとした地上ステージ、ブラックは8-4をモチーフとした城ステージのデザイン。今回はマリオだけではなく、クリボーやクッパなどいろんなキャラが描かれているのが嬉しいですね。

構造が第一弾と違って履き口部分に折り返しがあり、折り曲げるとキャラクターが隠れています。たとえば、ブルーなら地下になっていて、コインを集めるルイージの姿が。また、ALL STARのマークでもあるアンクルパッチのスターは、目の付いたマリオ仕様に。さらに、きらきらと輝く光沢のある素材が使われています。こういった遊び心があるのも、このシューズの魅力ですね。
サイズは22~29cmで、価格は各9,240円(税込)となっています。

人気のシューズなので、お買い求めはお早めに!
それでは、また来週。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

    【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  2. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  3. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

    『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

  4. 【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

  5. ゲームフリークの増田順一も登壇するトークライブを開催…ゲームプログラマー学科体験説明会の一環として

  6. 【昨日のまとめ】PSVRが再販するも売り切れに、『ゼルダの伝説 BoW』海外ゲーム映像が続々と、「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙7作品配信…など(2/25)

  7. 「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

  8. 【昨日のまとめ】『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を任天堂が提訴、『艦これ』叢雲改二が1/8フィギュアに、ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし…など(2/24)

  9. 【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

  10. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る