人生にゲームをプラスするメディア

ゲーム画面がそのままシューズになった!?「ALL STAR SUPER MARIO BROS. CS HI」・・・週刊マリオグッズコレクション第149回

その他 全般

パッケージ
  • パッケージ
  • ブルー・左足右側
  • ブルー・左足左側
  • 両足でちょっと柄が違います
  • プリント部分アップ
  • アンクルパッチ
  • シュータンにロゴ
  • 折り返し部分にルイージ
第149回です。今回ご紹介するのは、コンバースとスーパーマリオのコラボシューズ第二弾「ALL STAR SUPER MARIO BROS. CS HI」です。

コンバース「オールスター」と『スーパーマリオブラザーズ』のコラボシューズに第二弾が登場しました!先月発売された「PS HI」(以下、第一弾)はドットマリオを散りばめたデザインでしたが、今回は大胆にもゲーム画面をそっくり使用。テレビ画面がそのままシューズになったようなデザインとなっています。

カラーは、ブルーとブラックの2色。ブルーは1-1をモチーフとした地上ステージ、ブラックは8-4をモチーフとした城ステージのデザイン。今回はマリオだけではなく、クリボーやクッパなどいろんなキャラが描かれているのが嬉しいですね。

構造が第一弾と違って履き口部分に折り返しがあり、折り曲げるとキャラクターが隠れています。たとえば、ブルーなら地下になっていて、コインを集めるルイージの姿が。また、ALL STARのマークでもあるアンクルパッチのスターは、目の付いたマリオ仕様に。さらに、きらきらと輝く光沢のある素材が使われています。こういった遊び心があるのも、このシューズの魅力ですね。
サイズは22~29cmで、価格は各9,240円(税込)となっています。

人気のシューズなので、お買い求めはお早めに!
それでは、また来週。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

    【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

  2. 「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

    「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

  3. 『ぷよぷよ!!クエスト アーケード』3月31日でサービス終了、ゲーセン初の基本プレイ無料ゲームに幕

    『ぷよぷよ!!クエスト アーケード』3月31日でサービス終了、ゲーセン初の基本プレイ無料ゲームに幕

  4. 「きのこの山」「たけのこの里」のガチ対決がオセロで実現…!「きのこの山VSたけのこの里 オセロ ゲーム3」1月18日発売

  5. 『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

  6. シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

  7. 「光のお父さん」がTVドラマに! 『FFXIV』上で綴られた親孝行計画が映像化

  8. 「ポプテピピック」がまさかの「ねんどろいど」化!“例のビル”破壊シーンや“エイサイハラマスコイおどり”を再現可能

  9. 【週刊インサイド】ニンテンドースイッチのソフトはリージョンフリーに…任天堂新ハードの情報や『スプラトゥーン2』発表などに注目集まる

  10. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

アクセスランキングをもっと見る