人生にゲームをプラスするメディア

現時点で判明している「アンバサダー・プログラム」対象タイトルを動画でチェック

任天堂 3DS

ニンテンドー3DSの価格改定にあわせ、値下げ前に買った人へのお詫びとして実施される「アンバサダー・プログラム」ですが、現時点で判明しているタイトルを動画で確認してみましょう。

「アンバサダー・プログラム」とは、ファミコンソフト10タイトル、ゲームボーイアドバンス10タイトル、計20タイトルを提供するというもの。現時点で判明しているタイトルは以下の通りです。

■ファミコン
・スーパーマリオブラザーズ
・ドンキーコングJR.
・バルーンファイト
・アイスクライマー
・ゼルダの伝説
(+5タイトル用意)

■ゲームボーイアドバンス
・スーパーマリオアドバンス3
・マリオカートアドバンス
・メトロイドフュージョン
・メイドインワリオ
・マリオvs.ドンキーコング
(+5タイトル用意)



配信が決定しているゲームタイトルを動画でチェックしてみましょう。いずれも任天堂の人気作が揃っているのがわかります。

このうちGBAタイトルに関しては、今後配信されないものとなっております。つまり、「アンバサダー・プログラム」対象者のみニンテンドー3DSで遊べるという訳です。

そこで気になるのが残りの5タイトル。任天堂はゲームボーイアドバンスで発売したタイトルは多く、どれが配信されるのかは現時点では全くわかりません。タイトルをまとめてみましたのでチェックしてみましょう。

■任天堂GBA発売タイトル一覧
(★が「アンバサダー・プログラム」対象ソフト)
・スーパーマリオアドバンス
・F-ZERO FOR GAMEBOY ADVANCE
・くるくるくるりん
・ナポレオン
・タクティクスオウガ外伝 The Knight Lodis
・マリオカートアドバンス★
・黄金の太陽 開かれし封印
・ワリオランドアドバンス
・どこでも対局 役満アドバンス
・マジカルバケーション
・スーパーマリオアドバンス2
・トマトアドベンチャー
・どーもくんの不思議てれび(版権物)
・コロコロパズル ハッピィパネチュ!(傾きセンサー搭載ソフト)
・ファイアーエムブレム 封印の剣
・とっとこハム太郎3 ラブラブ大冒険でちゅ(版権物)
・黄金の太陽 失われし時代
・さくらももこのウキウキカーニバル(版権物)
・カスタムロボGX
・ミッキーとミニーのマジカルクエスト(版権物)
・伝説のスタフィー
・スーパーマリオアドバンス3★
・星のカービィ 夢の泉デラックス
・ポケットモンスター ルビー(ポケモンブランド)
・ポケットモンスター サファイア(ポケモンブランド)
・くるりんパラダイス
・メトロイドフュージョン★
・ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣
・メイドインワリオ★
・ファイアーエムブレム 烈火の剣
・とっとこハム太郎4 にじいろ大行進でちゅ(版権物)
・MOTHER1+2
・スーパーマリオアドバンス4
・ポケモンピンボール ルビー&サファイア(ポケモンブランド)
・伝説のスタフィー2
・オリエンタルブルー 青の天外
・マリオ&ルイージRPG
・F-ZERO ファルコン伝説
・スーパードンキーコング
・ポケットモンスター ファイアレッド(ポケモンブランド)
・ポケットモンスター リーフグリーン(ポケモンブランド)
・星のカービィ 鏡の大迷宮
・マリオゴルフ GBAツアー
・メトロイド ゼロミッション
・マリオvs.ドンキーコング★
・スーパードンキーコング2
・とっとこハム太郎 ハムハムスポーツ(版権物)
・伝説のスタフィー3
・スーパーマリオボール
・ポケットモンスター エメラルド(ポケモンブランド)
・ファイアーエムブレム 聖魔の光石
・まわるメイドインワリオ(傾きセンサー搭載ソフト)
・F-ZERO クライマックス
・ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし
・ゲームボーイウォーズアドバンス1+2
・ヨッシーの万有引力(傾きセンサー搭載ソフト)
・マリオパーティアドバンス
・千年家族
・The Tower SP
・ぶらぶらドンキー
・のののパズル ちゃいリアン
・Dr.MARIO&パネルでポン
・マリオテニスアドバンス
・スクリューブレイカー 轟振どりるれろ(振動機能搭載ソフト)
・通勤ヒトフデ
・ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊(ポケモンブランド)
・スーパードンキーコング3
・アイシールド21 DEVILBATS DEVIL DAYS(版権物)
・MOTHER3
・カルチョビット
・bit Generations
・リズム天国
(※他に任天堂は国内未発売タイトルとして『GAME&WATCH GALLERY 4』などがあります)

非常に多いですが、「アンバサダー・プログラム」対象ソフトは今後配信しないという制約がある以上、メジャーなタイトルは既出タイトルに任せ、他はややマイナータイトルなどになりそうです。

海外の噂では『星のカービィ 鏡の大迷宮』と『スーパーマリオアドバンス4』も対象と言う話が出ています。本当かどうかは今の所不明。『スーパーマリオアドバンス4』は、『スーパーマリオブラザーズ3』のリメイク作なので、もし噂が本当ならば、これだけの為にニンテンドー3DSを今買ってもいいくらい価値があるかなと思います。

でも今後ニンテンドー3DSを買った人が遊べなくなるということを考えると、ちょっと複雑な気持ちになります。正式なタイトルは近日明らかになると思いますので、公式アナウンスを待ちましょう。
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

    任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

  2. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」の8月24日号公開 ― 新作が続々登場!

    「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」の8月24日号公開 ― 新作が続々登場!

  3. 未発売のHDリマスター版『ゴールデンアイ 007』プレイ映像が出現

    未発売のHDリマスター版『ゴールデンアイ 007』プレイ映像が出現

  4. カプコンの新作3DSソフトは「Suica」など交通系ICカードと連動! 乗車履歴でキャラとコミュニケーション

  5. 松野泰己氏すら覚えていなかったSFC版『タクティクスオウガ』裏コマンドが19年越しで発見される

  6. Wii U版『シャンティ -リスキィ・ブーツの逆襲-』8月31日配信決定、ドット絵にもこだわりを感じる2Dアクション

  7. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  8. 『ゼルダの伝説』リンクがハイクオリティなフィギュアに!『トワプリHD』『ムジュラ』『神トラ2』の3作品

  9. Wii U向けVC『スターフォックス64』『闘いの挽歌』8月31日配信

  10. 『ポケモンGO』効果で3DSがハードウェア首位、ソフトは『GTA V』が返り咲き―2016年7月の米国セールスデータ

アクセスランキングをもっと見る

page top