人生にゲームをプラスするメディア

SCEJ、『インファマス』シリーズの制作会社「Sucker Punch Productions」を買収

ゲームビジネス 開発

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は8月2日、世界的ヒットとなった『スライ・クーパ-』『インファマス』シリーズの開発会社である「Sucker Punch Productions社」を買収したと発表しました。

日米欧のソフトウェアタイトル制作部門を統括するSCEワールドワイド・スタジオ(SCE WWS)ファミリーとしては、16番目のスタジオとなります。今後の経営は、これまでと変わらず同スタジオのマネジメントチームが、新たにSCE WWS Foster City Studioと連携しながら進めていく予定です。なお買収にともなう合意条件等については公表されていません。

なお、、PS2ソフト『スライ・クーパ-』シリーズとPS3ソフト『インファマス』シリーズの販売本数は、合計で700万本を超えているとのことです。

SCEワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏は「業界でもっとも高く評価されている開発会社の1つであり、かつ優れた制作力を備えたSucker Punch ProductionsとSCEとのお付き合いは12年以上になります。今回、同スタジオがプレイステーションファミリーの一員となったことを心より嬉しく思っています。SCE WWSは、同スタジオの強力なサポートにより、これまでにも増してプレイステーションならではのエンタテインメント体験を創造してまいります。今年度はSCE WWSからPS3を力強く牽引するタイトルラインアップのみならず、PlayStation Vita(PS Vita)専用の革新的なコンテンツもお届けする予定ですので、どうかご期待ください」とのコメントを寄せています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  3. 【東日本大地震】アミューズメント施設の閉店、営業時間短縮について

    【東日本大地震】アミューズメント施設の閉店、営業時間短縮について

  4. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  5. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  6. 『LoL』ライアットゲームズ日本社長の乙部氏が語る、スタジオカルチャーとマニフェスト

  7. 玩具にもVRの波…おもちゃ屋さんで販売できる価格帯のなかで、最先端の技術を提供

  8. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  9. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  10. 任天堂・岩田社長の訃報に業界著名人から哀悼の声 ― 桜井政博や吉田修平もコメント

アクセスランキングをもっと見る

page top