人生にゲームをプラスするメディア

MMORPG『ユグドラシル』話題のテーマソングとストーリーの詳細が明らかに

ソーシャル・オンラインゲーム オンラインゲーム

テーマソング「ユグドラシル」 歌:園崎未恵
  • テーマソング「ユグドラシル」 歌:園崎未恵
  • テーマソング「ユグドラシル」 楽曲:山木隆一郎
  • ユグドラシル
シーアンドシーメディアは、MMORPG『ユグドラシル』の最新情報を公開しました。

『ユグドラシル』は、MMORPG初心者でも安心して楽しめるというユーザーフレンドリーなシステムが特長の、北欧神話をベースに構築された壮大な物語を展開する「これから始める、MMORPG」です。

ティザーサイト公開より話題となっているメインテーマソング「ユグドラシル」。この楽曲は、エイベックス・エンタテインメント内のレーベル「rhythm zone」所属の山木隆一郎氏が手掛け、「ストライクウィッチーズ」や「BLEACH」などで知られる声優・園崎未恵さんが歌唱しています。

ティザーサイトではこの「ユグドラシル」をフルコーラスで視聴することが出来ます。アコースティックギターと民族調のリズム、ダンサブルなサウンドがファンタジーな世界観に非常にマッチしています。ぜひ一度聴いてみてください。

またティザーサイトでは新たに「ストーリー」が公開されました。アース神族の最高神「オーディン」や炎の化身「ロキ」、さらにプレイヤーと密接な関係のある「ヴァルキリー」など北欧神話をベースにした壮大な物語が綴られています。

■ストーリー
1つ物語を話そう。

これは「3つの創世の神器(ジェネシス・アーティファクト)」、そして「12星座の神器(ゾディアック・アーティファクト)」を巡る物語。

――今より数十万年前

アース神族の最高神・オーディンは、自ら創造した「3つの創世の神器(ジェネシス・アーティファクト)」を用い世界と全ての生命を生み出した。

しかし世界とそこに生きる生命をよそに、一部の邪悪な神々は「神々の黄昏(ラグナロク)」と呼ばれる、血を血で洗うかのような大きな戦いを幾度となく繰り広げ、世界の全てを翻弄した。

この混沌の時代が、すべての始まりとなる。

――ひとつの時代が終わる3000年前

数えて5度目の「神々の黄昏(ラグナロク)」が起きた。
オーディンと炎の化身・ロキ率いる軍勢との全面戦争は、熾烈を極めた。
そしてオーディンとロキの双方は、その命を落とす。

古の神々の時代が、1つの終焉を迎えた。

そんな中、かねてよりオーディンから過去の「神々の黄昏(ラグナロク)」で
死した英雄たちを蘇らせるという任を受けていた戦乙女・ヴァルキリーは、オーディンへのひたむきな忠誠心に従い、英雄たちの魂を求めてこれより2700年もの長きにわたり、世界を奔走することになる。

――新たな歴史が始まる300年前

戦乙女・ヴァルキリーの、その身を賭した魂の救済活動によりカレイヤ、エタム、ジークフリード、ディヴァック、ユリウス――5人の英雄が時を同じくして世界各地で蘇ることになる。

新たな時代の幕が開けた。

彼らが3000年前より続くロキ軍との争いに身を投じ互いの存在を知るのは必定だったのかもしれない。

そんな英雄たちは人類を存亡の危機から救うため、人々の拠り所となる街「アトランティス」を建築し、5人の英雄のうちの4人は王としてユリウスを選んだ。

かくして争いに疲弊していた人類は、次第にアトランティスの王・ユリウスの下へと集うことになる。

――現在へとつながる20年前

ロキ軍との終わりの見えない戦いで己の力の限界を感じていた英雄・ディヴァックは、この頃、ついに「12星座の神器(ゾディアック・アーティファクト)」の存在が力の限界を打ち破る唯一の術だということを探り当てる。

こうして英雄たち5人は、「12星座の神器(ゾディアック・アーティファクト)」に属する神剣・グラム、魔剣・ティルフィングが眠ると言われる
冥界(ヘルヘイム)に向かう決意をするのだった。

しかし、この2本の剣を欲したがゆえに、英雄たちに惨劇が降り注ぐ。
騎士であるジークフリードが、発見した魔剣ティルフィングの強大な魔力に魅せられ、その力の暴走によりエタムとユリウスを手にかけてしまうのだ・・・。

止められない力、そして失われる理性。

絶望的な状況の中、ディヴァックは生き残ったカレイヤを連れて人間界へと帰還を果たす。

しかし、その後2人は魔剣ティルフィングに関わってしまったがゆえの悲しい運命により、アトランティスから消息を絶つ事になるのだった・・・。

5人の英雄の不在、それはアトランティスにとって想像を絶する喪失。
他の神の絶対的な力に抗う術を失ったアトランティスはついに海の底深くへと沈められることになる。

だが、これが奇跡とも言うべき運命の巡りあわせか――。

沈みゆく海底で不思議な光を放つ「12星座の神器(ゾディアック・アーティファクト)」の1つ「レオズストーン」へと導かれたアトランティスの民は、「レオズストーン」の加護によりアトランティス崩壊の難を逃れるのだった。

さて、そんな激動のアトランティスには、その身に4分の1ほど神の血が流れる王子・ロアが産み落とされていた。彼はこのアトランティスの危機を生き抜き、18の歳を迎えることになる。

――そして現在

「レオズストーン」の強大な力により海底からの浮上までも果たしたアトランティスは、王子・ロアの下で再建が行われ、多くの人々で賑わう姿が見られるようになった。

しかしそんなアトランティスに、再び恐ろしい厄災が迫る。

3000年前に命を落とした炎の化身・ロキの復活をもくろんでいたロキ軍のカールに「レオズストーン」の存在が知られてしまったのだ。

カールは「レオズストーン」を何としても奪取しようとロキ軍が誇るスカージ悪霊軍団を進軍させるのだった・・・。

――この世界に召喚される「アナタ(プレイヤー)」

アナタ(プレイヤー)は悪霊軍団(スカージ)に狙われたアトランティスに平和をもたらすため戦乙女・ヴァルキリーによってこの世界「ユグドラシル」に召喚されることになる。

そこから、アナタ(プレイヤー)どのような運命を辿ることになるのだろうか。

スカージ悪霊軍団の猛攻から「レオズストーン」を守るため最終手段である禁じられし秘術――黒魔術(ブラックマジック)に手を染めるアトランティスの王子・ロア。

さらに、魔剣ティルフィングに魅せられたジークフリードによって20年前に殺害されたエタムの望まれない復活が神器を巡る物語へと複雑に絡み合う。

しかし、1つだけ変えようのない確たる事実を忘れてはならない。

混沌としたこの世界に平穏をもたらすための鍵はやはり「3つの創世の神器(ジェネシス・アーティファクト)」と「12星座の神器(ゾディアック・アーティファクト)」なのだ。

プレイヤーアナタは、神々が創り、そして神々が混乱をもたらしたこの世界のためにまずは「3つの創世の神器(ジェネシス・アーティファクト)」を求めることになるだろう。

そのうちの1つ「パンドラの箱」の在り処は、5人の英雄が運命を狂わされた冥界(ヘルヘイム)。
そこは"死した魂"か"神の身"でしか辿り着くことはできない場所。

死を選ぶか、神の身を求むるか。

ここから、アナタ(プレイヤー)だけの物語が始まる――

『ユグドラシル』は、サービス開始日・価格共に未定です。

Copyright (C) 2011 C&C Media Co., Ltd. All Rights Reserved.
(C) Perfect World Co.,Ltd.ALL RIGHTS RESERVED.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シルバー事件』は須田剛一の原点!HDリマスター版は芸術の域に達したプログラムを目コピしていた

    【インタビュー】『シルバー事件』は須田剛一の原点!HDリマスター版は芸術の域に達したプログラムを目コピしていた

  2. PCゲーマーの声求む!「ゲームPCアワード 2016」投票受付開始―抽選で10,000円のAmazonギフト券10名様へプレゼント!

    PCゲーマーの声求む!「ゲームPCアワード 2016」投票受付開始―抽選で10,000円のAmazonギフト券10名様へプレゼント!

  3. 話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

    話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

  4. 【プレイレポ】3DCGアニメ『RWBY』がゲーム化!爽快美少女ACTに

  5. 『ダークソウルIII』を「カニ」一色にしたユーザー出現…鍛冶屋がカニを生み出す

  6. PC版『地球防衛軍4.1』Steamで7月19日配信、オープニング・DLCセールなども実施

  7. 『FFXIV』×『妖怪ウォッチ3』コラボ!エオルゼアの地にジバニャンあらわる

  8. 話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

  9. 今度は街を擬人化!?DMM『TOKYO EXE GIRLS』末広町、霞ヶ関、田端のキャラが公開

アクセスランキングをもっと見る

page top