人生にゲームをプラスするメディア

鳴り止まない「MIKU」コール!初音ミク、ロサンゼルスで鮮烈海外デビュー ― ニコ生満足度は驚異の99.6%

その他 全般

MIKUNOPOLIS 2011 in LOS ANGELES
  • MIKUNOPOLIS 2011 in LOS ANGELES
  • MIKUNOPOLIS 2011 in LOS ANGELES
  • MIKUNOPOLIS 2011 in LOS ANGELES
  • MIKUNOPOLIS 2011 in LOS ANGELES
  • MIKUNOPOLIS 2011 in LOS ANGELES
  • MIKUNOPOLIS 2011 in LOS ANGELES
  • MIKUNOPOLIS 2011 in LOS ANGELES
  • MIKUNOPOLIS 2011 in LOS ANGELES
ニワンゴは、動画コミュニティサイト「ニコニコ動画(原宿)」の「ニコニコ生放送」にて先日放送された「初音ミク」のライブ「MIKUNOPOLIS 2011 in LOS ANGELES」のレポートを公開しました。

動画サイトやゲームでも知られるバーチャルシンガー「初音ミク」初の海外ライブ「MIKUNOPOLIS 2011 in LOS ANGELES」は、米ロサンゼルスで開催された「Anime Expo 2011」におけるイベントのひとつとして実施されました。会場となった「NOKIA Theatre(ノキアシアター)」は、アメリカ4大音楽賞のひとつ「アメリカン・ミュージック・アワード」の授賞式が開催されるなど、アメリカでも由緒ある大型劇場です。

事前に発売されたライブ入場チケットは約2週間で完売。ライブ直前の6月30日には地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」で「デジタル歌姫『初音ミク』が今週末のアニメエキスポで全米デビュー」と紹介されるなど、日本に負けない盛り上がりを見せていました。

生中継となる「ニコニコ生放送」は、2011年7月3日12時30分(日本時間)から開始。ロサンゼルスの会場では、約6000人の若者から歓声が巻き起こり、今春から「初音ミク」自身も出演している米国トヨタ「カローラ」のCMの楽曲「ワールドイズマイン」が流れ出すとより一段と大きな声援が送られました。もちろん会場は現地のファンで埋まっており、ライブグッズである「ネギサイリウム」を振ったり、あるいは歌を日本語で口ずさんだりしていたようです。

「初音ミク」の姿は半透明の「ディラックボード」に投影され、会場はもちろん「ニコニコ生放送」でも、まるでステージに本当に立っているように見ることができました。セガ『初音ミク Project DIVA』のモデルをベースに、より細密に描かれた「初音ミク」の姿は、文字通り「存在感」を強めていたようです。

「初音ミク」の新旧の人気曲や『Project DIVA』シリーズ収録曲はもちろん、ライブ中には「鏡音リン」「鏡音レン」「巡音ルカ」も登場しそれぞれの人気曲を披露。アメリカのファンへの最高のサプライズとなりました。

アンコールの際には会場全体から割れんばかりの「MIKU」コール。再登場した「初音ミク」は、最後に名曲「ハジメテノオト」を歌い、会場を感動と熱狂の渦で包んだままライブを締めくくりました。

放送終了後「ニコニコ生放送」におけるアンケートの結果では、「とても良かった」が93.2%「まぁまぁ良かった」が6.4%、述べ99.6%の人がこの生放送を見て「良かった」と回答したようです。

またライブの様子はロサンゼルスの地元テレビやNHK総合「NHKニュース7」などでもニュースとして伝えられ、「初音ミク」の鮮烈な海外デビューとなりました。

日本から世界中へと人気を広げる「初音ミク」。「バーチャルシンガー」という一言では表現しきれない大きな存在へと進化を続けています。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

    「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

  2. 世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

    世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

  3. 『Fallout 4』デザインのショットグラスが登場、「ヌカコーラ」や「Vault-Boy」デザインがセットに

    『Fallout 4』デザインのショットグラスが登場、「ヌカコーラ」や「Vault-Boy」デザインがセットに

  4. 『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

  5. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  6. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  7. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  8. 『にゃんこ大戦争』のポノスがEスポーツ事業を始動、ゲーマー社員も積極採用へ

  9. 共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

  10. 【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

アクセスランキングをもっと見る