人生にゲームをプラスするメディア

『LA-MULANA(ラ・ムラーナ)』Wiiウェアランキング1位に、みんなのおすすめ評価はゴールド

任天堂 Wii

LA-MULANA(ラ・ムラーナ)
  • LA-MULANA(ラ・ムラーナ)
  • ラ・ムラーナ公式ガイドブック基礎知識編
  • LA-MULANA(ラ・ムラーナ)
  • ラ・ムラーナ公式ガイドブック基礎知識編
  • LA-MULANA(ラ・ムラーナ)
  • ラ・ムラーナ公式ガイドブック基礎知識編
  • LA-MULANA(ラ・ムラーナ)
  • ラ・ムラーナ公式ガイドブック基礎知識編
アスタリズムより好評配信中のWiiウェア『LA-MULANA(ラ・ムラーナ)』ですが、Wiiチャンネル『みんなのニンテンドーチャンネル』でゴールド評価を得ました。

『LA-MULANA』は、元々PC用ゲームとして2006年に発売された2Dアクションゲーム。Wiiウェア版は、オリジナル版スタッフ「NIGORO(ニゴロ)」によってゲームバランスやサウンド、グラフィックをWii用にチューンナップしたリメイク作品です。

海外では現在でも頻繁に新作がリリースされるWiiウェアですが、日本ではめっきり作られてなく、日本では1月25日に配信された『わいわいビンゴ★デラックス』以来実に5ヶ月ぶりの新作が『LA-MULANA』という訳です。

Wiiウェアランキングを見ても、『人生ゲーム』『乱戦!ポケモンスクランブル』『Wi-Fi8人バトル ボンバーマン』など、定番タイトルしか上位に来ず、日本のWiiウェア市場はもう終わったかのようにも感じる日々でした。

そんな中、新作『LA-MULANA』が6月21日に配信。しかもスーパーファミコン時代にあったかのような、2Dドットで描かれたアクションゲームじゃありませんか。懐かしい、だけど新作!です。

配信開始から1週間、見事Wiiウェアランキングで1位になることが出来ました。

また、1週間経ったということで、Wii『みんなのニンテンドーチャンネル』でも評価が集まりました。

『みんなのニンテンドーチャンネル』にある「みんなのおすすめ」は、インターネットに接続しているWiiユーザーが『みんなのニンテンドーチャンネル』の「遊んだソフトをおすすめする」から投票した点数を集計し、一定の点数を超えると「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」の4種類にランク付けされ、毎週水曜日に更新されています。

気になる『LA-MULANA(ラ・ムラーナ)』の評価はゴールドランクとなりました。また、集計されたデータも公開されてます。

■どんな人に向いてますか?
誰にでも 13%
ゲームに慣れている人 87%

■どんな風に遊ぶのに向いていますか?
気軽に遊ぶとき 2%
じっくり遊びたい時 98%

■何人で遊ぶのが楽しいと思いますか?
1人で 88%
みんなで 12%

アクションゲームなので、どちらかと言うとゲームに慣れている人の方が向いています。また、気軽に遊ぶというよりは、腰を据えてじっくり遊ぶと評価した意見が圧倒的となりました。

このゲームは1人用ですが、友達と交代交代で遊んでみるのもアリかも。
(1ミス交代とか、子供の頃友達の家でやりましたよね)

また、現在はTwitterが流行っていますので、プレイした感想、プレイ状況などをつぶやくと、ほかのプレイヤーと交流できるかも。ハッシュタグがありますので、そちらもあわせてつぶやきましょう。

#playLamulana

かなりやり込んでいるプレイヤーのつぶやきが多数見受けられますね。

また、プレイレポートはそそれぽで掲載されていますので、あわせてご覧ください。

『LA-MULANA(ラ・ムラーナ)』は、好評配信中で価格は1200Wiiポイントです。

(C) ASTERIZM CO., LTD. Game Production Division NIGORO
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  2. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 【レポート】レベルファイブ新作発表会「LEVEL5 VISION 2016」発表内容まとめ

  8. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  9. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  10. 【3DS DL販売ランキング】『妖怪ウォッチ3 スシ』連続首位、電子コミック『デジコロ』続々ランクイン(7/28)

アクセスランキングをもっと見る

page top