人生にゲームをプラスするメディア

iPhone 4専用食品サンプルカバーシリーズにカブトムシ飛来……ついに厚さ45mm!

モバイル・スマートフォン iPhone

なんとなく誰かにツッコミを入れそうな手つきをしている なんとなく誰かにツッコミを入れそうな手つきをしている
  • なんとなく誰かにツッコミを入れそうな手つきをしている なんとなく誰かにツッコミを入れそうな手つきをしている
  • 手にやさしくソフトな素材で制作 手にやさしくソフトな素材で制作
  • 敵に見つかってもこれで安心 敵に見つかってもこれで安心
 StrapyaNextは、食品サンプルメーカーとの共同で製作した「iPhone 4専用★カブトムシカバー」の販売を開始した。価格は3,990円.

 iPhone 4専用食品サンプルカバーシリーズを発表している同社だが、今回は夏本番をイメージさせるカブトムシとなった……だが、ちょっと待ってほしい。それは「食品」ではない。せめてセミならかろうじて「食用」だったのではないか……まあ、どうでもいいか。暑いし。

 暑さのあまり論理的に考える気力が失せているといころへ(実際は一年365日失せている)、このカブトムシである。しかし、その仕上がりはやはりハンパない。うまそうに樹液をすする黒光りの身体と、昆虫が苦手な人なら卒倒しそうなディティール。特に手足の部分がすばらしく、日本人のオーバースペック(和製英語)ぶりを強く感じることができる。また、デパートで買えばウン万円はするサイズのカブトムシという部分には、リッチでラグジュアリーなセレブ感も見事に表現されている。

 そして、前作の「冷やし中華」では35mmだった厚さが、ついに45mmに突入。それはすでにカバーではない。リリース資料には「本物が捕まえられずに悲しむ子供をあやす道具にも最適」とあるが、子供の手では到底扱うことができないサイズだ。ここには「欲しいものはそう簡単に手に入らない」というしつけを同時に行なう裏の意図があるのかもしれない(たぶん、ない)。

 では、あの娘への粋なプレゼントとしてはどうだろう。このストラップをそっと差し出し、「僕と山へホンモノを探しに行かないか?」……ないな、それ。しかし、使い道よりまずはその存在を「感じる」シリーズだ。細かいことをあれこれ考えることはやめよう。なにせ暑いし。本体サイズは縦116×横60×厚さ45mm。
《岡田@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 金融庁が『ポケモンGO』のポケコインを調査―資金決済法に関わる問題

    金融庁が『ポケモンGO』のポケコインを調査―資金決済法に関わる問題

  2. ハンゲーム『ブレイブリークロニクル』Android版クローズドβテストが先着1,000名でスタート

    ハンゲーム『ブレイブリークロニクル』Android版クローズドβテストが先着1,000名でスタート

  3. 【CEDEC 2016】『チェンクロ』開発者が語る「摩耗しない」モバイルゲーム運営...ストーリー性の価値を説く

    【CEDEC 2016】『チェンクロ』開発者が語る「摩耗しない」モバイルゲーム運営...ストーリー性の価値を説く

  4. 「東方Project」公式LINEスタンプが配信開始、魔理沙・霊夢・チルノなどがスタンプに

  5. 『実況パワフルサッカー』PV公開! 舞台は『パワプロ』と同じパワフル高校、アクションはウイレレエンジンをベースに

  6. 『ポケモンGO』国内初の死亡事故…自動車運転中にプレイと供述、72歳女性が死亡

  7. PC/スマホ向けカードゲーム『アトム時空の果て』プロジェクト始動!「鉄腕アトム」など手塚キャラを奥浩哉や須田剛一、松山洋らがリメイク!

  8. 全ての課金がいつでも5%還元に!「SMART GAME(スマートゲーム)」で『戦国炎舞 -KIZNA-』をプレイしてみた

  9. 不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

  10. 『グランブルーファンタジー』に新ジョブ「カオスルーダー」と「義賊」追加

アクセスランキングをもっと見る

page top