人生にゲームをプラスするメディア

iPhone 4専用食品サンプルカバーシリーズにカブトムシ飛来……ついに厚さ45mm!

モバイル・スマートフォン iPhone

なんとなく誰かにツッコミを入れそうな手つきをしている なんとなく誰かにツッコミを入れそうな手つきをしている
  • なんとなく誰かにツッコミを入れそうな手つきをしている なんとなく誰かにツッコミを入れそうな手つきをしている
  • 手にやさしくソフトな素材で制作 手にやさしくソフトな素材で制作
  • 敵に見つかってもこれで安心 敵に見つかってもこれで安心
 StrapyaNextは、食品サンプルメーカーとの共同で製作した「iPhone 4専用★カブトムシカバー」の販売を開始した。価格は3,990円.

 iPhone 4専用食品サンプルカバーシリーズを発表している同社だが、今回は夏本番をイメージさせるカブトムシとなった……だが、ちょっと待ってほしい。それは「食品」ではない。せめてセミならかろうじて「食用」だったのではないか……まあ、どうでもいいか。暑いし。

 暑さのあまり論理的に考える気力が失せているといころへ(実際は一年365日失せている)、このカブトムシである。しかし、その仕上がりはやはりハンパない。うまそうに樹液をすする黒光りの身体と、昆虫が苦手な人なら卒倒しそうなディティール。特に手足の部分がすばらしく、日本人のオーバースペック(和製英語)ぶりを強く感じることができる。また、デパートで買えばウン万円はするサイズのカブトムシという部分には、リッチでラグジュアリーなセレブ感も見事に表現されている。

 そして、前作の「冷やし中華」では35mmだった厚さが、ついに45mmに突入。それはすでにカバーではない。リリース資料には「本物が捕まえられずに悲しむ子供をあやす道具にも最適」とあるが、子供の手では到底扱うことができないサイズだ。ここには「欲しいものはそう簡単に手に入らない」というしつけを同時に行なう裏の意図があるのかもしれない(たぶん、ない)。

 では、あの娘への粋なプレゼントとしてはどうだろう。このストラップをそっと差し出し、「僕と山へホンモノを探しに行かないか?」……ないな、それ。しかし、使い道よりまずはその存在を「感じる」シリーズだ。細かいことをあれこれ考えることはやめよう。なにせ暑いし。本体サイズは縦116×横60×厚さ45mm。
《岡田@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

    錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  2. シャープのスマホがなぜか『ポケモンGO』非対応に…現在は一部を除き対応

    シャープのスマホがなぜか『ポケモンGO』非対応に…現在は一部を除き対応

  3. 【レポート】『ポケモンGO』西新宿でピカチュウやレアコイルをゲット!雨の中、公園には早くもトレーナーの姿が

    【レポート】『ポケモンGO』西新宿でピカチュウやレアコイルをゲット!雨の中、公園には早くもトレーナーの姿が

  4. 任天堂、ポケモン、グーグルが『イングレス』や『Pokemon Go』を開発する米ナイアンティックに約36億円を出資

  5. 『ポケモンGO』ユーザー過多でサーバーダウンか…ログインできず(復旧)

  6. 『ポケモンGO』開発者からのメッセージとともにゲーム情報が続々公開

  7. 『BLEACH Brave Souls』1周年記念大感謝祭特設サイトにて「BLEACH」アニメの無料配信が決定!

  8. 「SMART GAME」で『ポケモンGO』限定課金額7%キャッシュバックが実施

  9. 【レポート】『ぷよぷよ!!クエスト』リアルタイム対戦は相殺と大逆転で最後の一瞬まで気が抜けない

  10. 『ポケモンGO』E3 2016情報まとめ、ポケモン交換や協力イベントなどが発表

アクセスランキングをもっと見る

page top