人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2011】本格TPSはWii Uでどうなる? 『トム・クランシー ゴーストリコン オンライン』

任天堂 Wii

トム・クランシー ゴーストリコン オンライン
  • トム・クランシー ゴーストリコン オンライン
  • トム・クランシー ゴーストリコン オンライン
  • トム・クランシー ゴーストリコン オンライン
  • トム・クランシー ゴーストリコン オンライン
  • トム・クランシー ゴーストリコン オンライン
ユービーアイソフトがWii U向けに発表したのは『ラビッツ』ではなく『ゴーストリコン』でした。本格的なTPSシリーズ最新作の登場に、意外に思った方も多いのではないかと思います。そして任天堂ブースではサードパーティタイトルとして唯一触れるものが置かれていました。

トム・クランシー ゴーストリコン オンライン』はユービーアイソフト上海スタジオが開発するPC向け基本無料プレイのシリーズ最新作です。先月末に発表されたばかりの新作ですが、Wii Uでも提供されることが決定しました。TPSですが、MMOの要素があり多くの他のプレイヤーと共に戦場を戦っていきます。

ゲームにどのような特徴が備わるのか、特にWii U版については不明な点が多いのですが、Wii UでどのようなTPSが実現できるのかについてサンプルを提供してくれました。

Wii Uコントローラーの一つの使い道としてあるのが戦場における情報端末として用途です。全体を上から見渡したマップが表示され、ピンチイン・ピンチアウトでの拡大縮小やフリックによる表示範囲の移動、コントローラー自体を傾けることによる様々な角度からの詳細確認といった動作が可能です。プレイヤーがマップ上に敵の情報を追加することもでき、その情報は仲間と共有されるそうです。

また今回のデモで確認できたのは武器のカスタマイズ。Wii Uコントローラーの液晶画面でタッチ動作で武器を組み合わせて自在にカスタマイズができます。

グラフィックも気になるところですが、PS3や360で発売されている作品と比べても遜色なく、期待できるものでした。



《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  2. 【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

    【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top