人生にゲームをプラスするメディア

【Interop Tokyo 2011】会場のトイレでびっくり!?――セガがゲーム機「トイレッツ」を設置

その他 全般

男子トイレの一部に設置されていた「トイレッツ」 男子トイレの一部に設置されていた「トイレッツ」
  • 男子トイレの一部に設置されていた「トイレッツ」 男子トイレの一部に設置されていた「トイレッツ」
  • トイレの近くにブースを構えるセガ。小便小僧でデモ トイレの近くにブースを構えるセガ。小便小僧でデモ
  • センサーで量を計測 センサーで量を計測
  • 直前の人の量を記憶していてバトルも 直前の人の量を記憶していてバトルも
  • ランキングもでる。居酒屋で盛り上がりそうだ ランキングもでる。居酒屋で盛り上がりそうだ
 「Interop Tokyo 2011」の同時開催イベント「デジタルサイネージジャパン(DSJ)2011」の会場の男子トイレを使っていると、いきなり「おしっこの量を測るよ!」という声がする。えっ?と思っていると、小便器のひとつになにやら液晶画面が設置されていた。

 これは、セガが開発し今秋に発売を開始するという「トイレッツ」というデジタルサイネージの一種だ。便器に取り付けられたセンサーがおしっこの流量を計測する(水滴の画像をスピードガンと同様な原理で分析して計算しているらしい)。その量を正面の画面に表示するのだが、セガが開発したので、それだけではない。量で占いをしたり、直前の人の量を記憶していてバトルをしたり、ゲームになっている。

 発売までには5種類くらいのゲームを用意したいと担当者は説明する。セガとしては、ゲーセンや居酒屋のトイレでのニーズがあるのではと期待する。

 画面には、店舗ごとの広告を表示することもできる。ゲーム要素が加わっているので、注目度や認知度は通常の看板やサイネージより高いといえる。さらに、設置した店舗や施設が、独自に広告媒体として活用してもよい。

 ちなみに、これで糖尿病などの健康管理はできないのか、と質問したところ「現在は流量しか計測していないので成分分析はできません。ただし、量だけの健康指標について大学と共同で研究をしています」との返事だ。まさに、サイネージとしては穴場と言えるかもしれない。

【Interop Tokyo 2011(Vol.13)】会場のトイレでびっくり!?――セガがゲーム機「トイレッツ」を設置

《中尾真二@RBB TODAY》

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  2. 「ゾイド」新プロジェクトのティザーサイトが公開、デザインはアニマリアルが担当

    「ゾイド」新プロジェクトのティザーサイトが公開、デザインはアニマリアルが担当

  3. 【週刊インサイド】「PlayStation VR」最後の予約チャンスに関心高まる…『ポケモン サン・ムーン』モンスターボールを使うポケモンも気になる存在

    【週刊インサイド】「PlayStation VR」最後の予約チャンスに関心高まる…『ポケモン サン・ムーン』モンスターボールを使うポケモンも気になる存在

  4. 『ロックマン』『ロックマン エグゼ』グッズが9月29日より多数発売!バスタオル・iPhoneケース・パスケースなど

  5. 「ポケモン」「妖怪ウォッチ」をデコるクリスマスケーキが登場! 妖怪メデタイメダルやモンスターボール型ルーレットなど付属

  6. “抜刀”し“発光”せよ! 『刀剣乱舞』の刀型ペンライトが登場…本日より受注スタート

  7. OVA「蒼き雷霆 ガンヴォルト」最新映像公開、アニメでも敵を貫く!

  8. 【日々気まぐレポ】第165回 マスターピース「セイバータイガー」が登場!生物としてのゾイドの魅力が満載のキット

  9. 【総力特集】『FPSゲームのお約束』

  10. 話題の狂気ゲーム『Year Of The Ladybug』ってどんなゲームなの?主人公はインテリアデザイナー

アクセスランキングをもっと見る

page top