人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2011】Wii後継機「Wii U」のスペック公開、新コントローラの情報も

任天堂 Wii

Wii U
  • Wii U
任天堂は、Wii後継機の「Wii U」のスペック詳細を発表しました。

「Wii U」コントローラはタッチスクリーンを備えており、コントローラとしての役割だけではなく、実際のゲームの画面を写す事もできます。TVを使えない場合でも、ゲームをプレイする事ができるというわけです。

2つのゲーム画面を持つことができるという事で、もしかするとニンテンドー3DSのようなスタイルのゲームもこれから出てくるかもしれません。

また、「Wii U」用の新作ゲームとして『New SUPER MSRIO BROS. Mii』も発表されました。このゲームは、自分のMiiがマリオと一緒にゲームの中で遊べてしまうのです。これは今までにない楽しみ方ができそう。

■「Wii U」スペック
・サイズ:
高さ約46mm×幅約172mm×奥行き268.5mm (突起物含まず)

・新コントローラー:
新コントローラは、6.2インチ、16:9のタッチスクリーンとおなじみのボタンコントローラが合体したものであり、2つのスライドパッドがついている。この充電式のコントローラには電源ボタン、HOMEボタン、十字ボタン、A/B/X/Yボタン、L/Rボタン、ZL/ZRボタンがついている。また、加速度計、ジャイロセンサー、振動機能、カメラ、マイク、スピーカー、センサー部、タッチペンを備えている。

・他のコントローラ:
Wiiリモコン(もしくはWiiリモコンプラス)は最大4本まで同時に接続できる。ヌンチャクやクラシックコントローラ、クラシックコントローラPRO、バランスWiiボードなど、あらゆるWiiコントローラや入力装置に対応する。
・メディア:
新ハード用12cm高密度光ディスクおよび、Wii用12cm光ディスクをプレイ可能なセルフローディング式(自動的にディスクを引き込む方式)のドライブを1つ搭載。
・ビデオ出力:
1080p、1080i、720p、480p、480iに対応。 HDMI、コンポーネント、D端子、S端子、コンポジットの各ケーブルに対応。
・オーディオ出力:
AVマルチ出力端子からの出力およびHDMI 端子からの PCMリニア 6CH 出力に対応。
・容量:
内蔵フラッシュメモリに加え、SDメモリーカードや外付けUSBハードディスクドライブを利用することで容量を拡張することができる。
・CPU:
IBM Powerを基にしたマルチコアプロセッサ
・その他:
4つのUSB 2.0端子を備えている。新ハードはWiiのゲームとの後方互換性がある。

Wiiの時は容量不足に悩まされましたが、「Wii U」ではUSBハードディスクドライブを利用することで容量を拡張することが可能になっています。

「Wii U」の発売予定は2012年です。今から待ち遠しいですね。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

    【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  2. 『スーパードンキーコング』水中ステージBGMのメタル風カバー曲!これは良い…

    『スーパードンキーコング』水中ステージBGMのメタル風カバー曲!これは良い…

  3. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

    【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  4. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  5. 『ゼルダの伝説』30周年記念画集「ハイラルグラフィックス」8月26日発売、歴代アート2,000点以上を収録

  6. 『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』発表! 3DSにシリーズ初登場…「まったく新しいパワプロ」

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. ゲーム作成&配信可能な3DS『RPGツクール フェス』発表! 配信されたゲームは『ツクールプレイヤー』でプレイ可能

  9. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  10. 『ポケモン』「イーブイ」のぬいぐるみ型PCクッションが登場、ぎゅっと抱きしめながら快適な作業が可能

アクセスランキングをもっと見る

page top