人生にゲームをプラスするメディア

シリコンスタジオ、ゲーム開発ツール「MPEditor」が『どきどきすいこでん』に採用

ゲームビジネス 開発

 シリコンスタジオ、ゲーム開発ツール「MPEditor」が『どきどきすいこでん』に採用
  •  シリコンスタジオ、ゲーム開発ツール「MPEditor」が『どきどきすいこでん』に採用
  •  シリコンスタジオ、ゲーム開発ツール「MPEditor」が『どきどきすいこでん』に採用
  •  シリコンスタジオ、ゲーム開発ツール「MPEditor」が『どきどきすいこでん』に採用
シリコンスタジオは、同社のゲーム開発ツール「MPEditor」(エムピーエディター)が、アイレムのPSP用恋愛アドベンチャーゲーム『どきどきすいこでん』の開発に採用されたことを発表しました。

「MPEditor」は、モーションポートレート技術により、1枚のキャラクター原画から多彩な表情を簡単に作り出すことができるゲーム開発ツールで、原画のイメージを損なうことなく、ゲームの会話シーンやイベントシーンの開発が可能です。

『どきどきすいこでん』では、ヒロインたちの生き生きとした豊かな表情が見られるアドベンチャーパートや、バトルシーンの実現に使われており、本作の魅力である「ドキドキ感」をさらに高めてユーザーをゲームに引き込む原動力となっています。



『どきどきすいこでん』のヒロインたちの可愛く多彩な表情に、あなたもドキドキしてしまうかも?

(C)2011 IREM SOFTWAREENGINEERING INC. All rights reserved.
《菜種》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

    【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

  2. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  3. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

    PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  4. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  5. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  6. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  9. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  10. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

アクセスランキングをもっと見る