人生にゲームをプラスするメディア

Project Cafe、現段階の情報でモックを組み上げてみると

任天堂 Wii

IGNは、同誌がこれまでに入手したというWiiの後継機(コードネーム: Project Cafe)の性能に近いカスタムPCを作成し、ゲームを動かしてみた様子を公開しています。

同誌が関係者からの聞き取りで明らかにしているWiiの後継機はトリプルコアのCPUを搭載し、GPUはAMDのR700アーキテクチャを採用します。これを元に以下のような性能で組み立てたとのこと。

・CPU: 3.2GHz Triple Core AMD Athlon II X3 450
・GPU: XFX Radeon HD 4850 GPU with 1GBs of VRAM
・Motherboard: BIOSTAR A780L3L Micro ATX
・RAM: 2GBs of Kingston DDR3
・Power Supply: Rosewill RV350 ATX 1.3
・Hard Drive: 80GB WD Caviar Blue 7200RPM

RAMに関しては、Project Cafeでは合計1GBになることが濃厚ですが、Windows 7を動作させることを考慮して1GB追加したとのこと。

More Nintendo "Project Cafe" Videos


テストの結果としてはProject Cafeでは1080pが主流になると考えられることから、この点のアドバンテージが強いようです(PS3やXbox360も対応するものの使用しているゲームは一部)。見栄えとしてはPS3やXbox360を遙かに凌駕するというレベルではないものの、それを超える性能になることになりそうだとしています。もちろん、コントローラーを含めて様々な特徴が予期されるため、単純にグラフィックだけの比較というのはそぐわないものであることを留意する必要があります。

ちなみにカスタムPCの原価は423.93ドルだったとのこと。当然量産効果が入りますし、早くとも1年後の登場になると考えられますので、実際のコストはこれを大きく下回るものになります。IGNでは販売価格で300ドルを超えることはないだろうとしています。

リンク先では様々なゲームのXbox360と今回作成したPCとの映像比較が公開されています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  5. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  6. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  7. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

  8. 今週発売の新作ゲーム『討鬼伝2』『アイドルマスター プラチナスターズ』『パズドラクロス 神の章/龍の章』他

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

アクセスランキングをもっと見る

page top