人生にゲームをプラスするメディア

DeNAがスマートフォン向けアンリアル・エンジン3に対応・・・「Unreal Japan News」第22回

ゲームビジネス 開発

■DeNA、スマートフォン向けアンリアル・エンジン3への対応を発表

ハイレベルなグラフィックス表現を利用したゲームを開発するデベロッパーのために、「Unreal Engine 3」(Epic Games, Inc.)に対応します。「Unreal Engine 3」は、コンソール・PC向けゲームエンジンとして業界屈指の実績を有し、「Gears of Warシリーズ」「Unreal Tournamentシリーズ」などの大ヒットタイトルを産み出しています。「Unreal Engine 3」は昨年よりiOSに正式対応を開始し、現在では「Unreal Engine 3」を用いたゲームがiOS上だけでなくAndroid上においても展開されています。本「Unreal Engine 3」に対応した「Mobage Unreal Engine SDK」を提供するにあたり、Epic Games社の全面協力のもと、日本語でのサポート体制も同ゲームエンジン側に合わせて整え、相互に利用しやすい環境を用意しております。


■ルーカスアーツ、アンリアル・エンジン3の複数年スタジオ包括契約にサイン

ルーカスアーツとEpic Gamesは、ルーカスアーツが複数のプロジェクトにアンリアル・エンジン3を利用することが可能となる長期的スタジオ包括ライセンス契約に調印したと発表しました。

「アンリアル・エンジン3は、バラエティに富んだゲーム・プラットフォームにおいて、インスピレーションとそれを実現するまでの道程を短縮してくれる。まさに未来に向けたソリューションだ」と、ルーカスアーツの技術担当ディレクター Zak Phelpsはコメントしています。「我々が利用可能なテクノロジーに、新たに素晴らしいツールが加わることになり、とてもワクワクしている」

「今回の契約により、ルーカスアーツはモバイルからPC、コンソール、そして次世代のゲームまで、多岐に渡るプラットフォームでアンリアル・エンジン3のパワーを最大限に利用する準備が整ったことになります」とEpic Gamesのヴァイス・プレジデント Mark Reinは話します。「ルーカスアーツの才能溢れるスタッフとその素晴らしいIPがアンリアル・エンジン3に出会った時、どんなことが起こるのか、今から楽しみでなりません」
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. 【OGC2014】激動のソーシャルゲーム業界で変わったこと、変わらないこと~gumi West、今泉氏が語るふりかえり

  7. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  8. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  9. 【CEDEC 2010】どうやって人を育てる? コーエーテクモの人材育成

  10. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

アクセスランキングをもっと見る