人生にゲームをプラスするメディア

良質な海外インディーズゲームを日本のゲーマーに・・・「PLAYISM」オープン

その他 全般

良質な海外インディーズゲームを日本のゲーマーに・・・「PLAYISM」オープン
  • 良質な海外インディーズゲームを日本のゲーマーに・・・「PLAYISM」オープン
アクティブ・ゲーミング・メディアは、世界の独創的なインディーズゲームをローカライズして提供する「PLAYISM」をオープンしました。

現在、Amanita Designのアドベンチャーゲーム『マシナリウム』、Zachtronics Industriesのパズルゲーム『スペースケム』、Colibri Gamesのパズルゲーム『タイニーバン・ストーリー』が公開され、ダウンロード購入することができます。いずれも家庭用ゲーム機では中々お目にかかれないキラリと光る作品です。

東日本大震災へのチャリティ企画として『PLAYism FOR JAPAN』というパッケージ作品も公開されています。これは100円以上の価格をユーザーが自由に設定して購入できるもので、『コンティニュイティ』『ポト&カベンガ』『オサダ』という3つのカジュアルゲームが含まれています。各クリエイターの厚意で実現したものだとのこと。収益は全て日本赤十字社に贈られます。

また「PLAYISM」の大きな特徴となっているのがプロジェクトという仕組み。インディーズゲームでは小資本でゲーム作りを行っていくわけですが、どうしても費用は発生しています。そうした開発段階から資金をユーザーから集め、開発プロジェクト自体をサポートしてもらうという試みです。参加したユーザーは完成した際に様々な特典を受けることができます。現在はニューヨークと東京に拠点を置くPajamahouse Studiosの開発する『デズィ リーブス タウン』のプロジェクトが公開されています。

アクティブ・ゲーミング・メディアは大阪に拠点を置くゲームのローカライズやデバッグを専門とする会社ですが、業務を通じて海外の優れたインディーズゲームに触れ、日本ではまだ大きくないこの分野こそが、"ゲーム"の領域や可能性を広げるものではないかと確信に至ったとのこと。海外の優れたインディーズゲームを遊びやすい形で紹介して市場を生み出すと共に、日本国内のクリエイターを刺激し、自由で斬新な作品を生み出せる環境を作りたいとのことでした。

現在オープン記念で4週間に渡って合計800枚の50%オフクーポンをTwitterとFacebookで配布するとのこと。それぞれのクーポンは有効期限1週間で先着100人が使用できます。TwitterやFacebookをチェックするようにしてみてください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『艦これ』「叢雲改二」が1/8フィギュアに!“ストッキング越しの脚線美”に見惚れる出来映え

    『艦これ』「叢雲改二」が1/8フィギュアに!“ストッキング越しの脚線美”に見惚れる出来映え

  2. ゲームにハマり過ぎた男性がメーカー訴訟を検討、仕事と妻を失う

    ゲームにハマり過ぎた男性がメーカー訴訟を検討、仕事と妻を失う

  3. 『Call of Duty』に登場する実在人物一家がメーカーへの訴訟検討 ―「野蛮に描かれている」

    『Call of Duty』に登場する実在人物一家がメーカーへの訴訟検討 ―「野蛮に描かれている」

  4. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  5. 『Fate/Grand Order』ランサー・スカサハがねんどろいど化!2017年8月発売予定

  6. 日本橋三越本店で『ペルソナ5』コンサート開催! 貴重な資料展示や目黒将司、なるけみちこ出演のファンミーティングも

  7. 「売れるためのUI/UX」とは―『オルガル』『戦国炎舞』などを手掛けたサイバーエージェントのセミナーが実施

  8. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』アップデート情報など新情報相次ぐ…『金・銀』ポケモン登場や新たな展開に関心集まる

  9. 【昨日のまとめ】『バイオハザード 7』国内向けDLC情報解禁、Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】、『ダブルドラゴン IV』新トレイラー公開…など(1/28)

  10. 「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

アクセスランキングをもっと見る