人生にゲームをプラスするメディア

Wii後継機に対するサードパーティデベロッパーの見方

任天堂 Wii

E3で発表される予定の任天堂のWiiの後継機。サードパーティのデベロッパーはどのように捉えているのでしょうか? IndustryGamersが声を紹介しています。

デジタル流通のマーケットを整備して欲しいと語るのはFrima StudiosのSteve Couture CEO。同社は家庭用やモバイル、ソーシャルでカジュアルなアクションゲームを得意とし、家庭用ではPSNのダウンロードで展開してきました。「言うまでもなくデジタルのマーケットを改善することを望んでいます。環境が整えば是非任天堂ユーザーに向けてゲームを提供したいと思っています」

「基本的な性能の向上を期待したいと思います」と語るのはPress PlayのOle Teglbkaergディレクター。「成功の鍵はどれだけ性能を高められるかだと思います」同社はデンマークを拠点とし、WiiウェアやiOSなどにゲームを開発してきました。

また、開発環境の開放を必要と考えるのはBolt CreativeのDave Castelnuovo氏。「iOSのように誰でも開発できる環境があればと思います。もちろん恐らくそれは実現しないと思いますが、強く願っています。少なくともインディーズのデベロッパーにとっても開発し易い環境は是非欲しいところです」また新しいデバイス(iPadのような大きな画面をコントローラーに持つと噂される)にも期待を示しています。

最後に一時はセカンドパーティとして任天堂と共同開発も行ったシリコンナイツのDenis Dyack社長は「任天堂の新ハードはいつも楽しみです。常に驚きと革新があり、彼らは外したことがありません。それに素晴らしいゲームを彼らは持っています。早く遊びたくてたまりません。私はスペック的なものを全く知り得ていませんが、そこには余り興味はありませんね。どんな新鮮な驚きがあるのか、そこが最も知りたいポイントです」
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  3. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

    警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  8. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  9. 今週発売の新作ゲーム『討鬼伝2』『アイドルマスター プラチナスターズ』『パズドラクロス 神の章/龍の章』他

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る

page top