人生にゲームをプラスするメディア

『スティールダイバー』の潜水艦モードはスローモーションの『F-ZERO』 ― 社長が訊く

任天堂 3DS

スティールダイバー
  • スティールダイバー
任天堂ホームページに『スティールダイバー』の社長が訊くが掲載されました。

『スティールダイバー』は、ニンテンドー3DSで遊ぶ潜水艦をテーマにしたアクションゲーム。海外ではニンテンドー3DS本体と同時に発売したソフトの1本でもあります。日本では3月17日に発売予定でしたが、東日本大震災の影響を受け、発売日が5月12日に延期となりました。



今回の社長が訊くには、プロデューサーの杉山直氏、ディレクターの今村孝矢氏、プログラマーのジャイルズ・ゴダート氏、そして宮本茂氏、4人が登場しています。



元々は2004年に発表されたニンテンドーDSのテクニカルデモソフトの一つ『Submarine』として展示。実際に製品化されることはなかったものの、米国任天堂がDSiウェアで出してほしいと要望が出て再始動。「育ちそうだ」と判断し、その後パッケージソフトに切り替えたと杉山氏。

パッケージで発売することで今村氏がディレクターに起用。しかし、「テーマが地味でパッケージで売るのはキツイ」と判断され、計画は流れてしまいました。

3DSで復活することになり、「潜水艦モード」の他に「海戦モード」と「潜望鏡モード」が追加。独立したゲーム3種類が楽しめる現在の形に。

中でもメインとなる「潜水艦モード」は、『F-ZERO』をスローモーションにしたイメージと語る今村氏。インタビューでは他にも「潜望鏡モード」と「海戦モード」などについてたくさん語られています。ぜひチェックしてみてください。

なお、「潜水艦モード」全てのコースにゴーストデータが保存可能、「海戦ゲーム」は『ゼルダの伝説 風のタクト』で遊べる「サルバトーレの戦艦撃沈ゲーム」をモダンな感じにしたようなモードになっているそうです。



『スティールダイバー』は、5月12日に発売予定で価格は4800円(税込)です。

(C)2011 Nintendo
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン サン・ムーン』新TVCMに吉田沙保里が登場…カイリキーとタッグを組み、ポケモンバトルを仕掛ける

    『ポケモン サン・ムーン』新TVCMに吉田沙保里が登場…カイリキーとタッグを組み、ポケモンバトルを仕掛ける

  2. 『スプラトゥーン2』にも「バレルスピナー」「バケットスロッシャー」が登場!新しくなったデザインがお披露目

    『スプラトゥーン2』にも「バレルスピナー」「バケットスロッシャー」が登場!新しくなったデザインがお披露目

  3. マイニンテンドーストアのエラーキャラ「ニンゴジラ」が予期せぬ人気に、海外メディアにも取り上げられる

    マイニンテンドーストアのエラーキャラ「ニンゴジラ」が予期せぬ人気に、海外メディアにも取り上げられる

  4. 『ポケモン サン・ムーン』「PGL」でポケモンランキングが公開、ネット対戦でどのポケモンが人気か確認可能

  5. マイニンテンドーストアが徐々に復旧、商品も一部予約可能

  6. 『ポケモン サン・ムーン』あの「マー君」が“たんぱんこぞう”に!?新CM公開

  7. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  8. 【3DS DL販売ランキング】『マリオブラザーズ3』連続首位、追い上げる『タンクトゥルーパーズ』が5位浮上(1/19)

  9. 「マイニンテンドーストア」オープン直後からアクセス困難―スイッチ予約影響か

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る