最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
3DS普及の遅れは震災ではなくラインナップ不足・・・TIW

3DS普及の遅れは震災ではなくラインナップ不足・・・TIW

2011年4月29日(金) 12時30分
  • ニンテンドー3DS アクアブルーの画像
    ニンテンドー3DS アクアブルー
  • ニンテンドー3DS コスモブラックの画像
    ニンテンドー3DS コスモブラック

ティー・アイ・ダヴリュは27日付のレポートで任天堂について、ラインナップの不足からニンテンドー3DSの普及が当初想定を下回っていると指摘しました。

同社は任天堂のこれまでの基本的なモデルが、自社の強力なタイトルでハードを普及させるものであったと指摘。3DSの普及が遅れている要因は東日本大震災の影響よりも、ハードと同時の自社タイトルが『nintendogs + cats』のみであった弱さに起因するものだと述べています。ただし、『マリオカート』(前作全世界2104万本)や『スーパーマリオ』(同2688万本)などで台数は急増すると予測しています。

また、3DSはこれまでの携帯ゲーム機と比べて高い値段設定になっていることから、量産効果が出てくればハードの利益も増えるとしています。

東日本大震災の影響については、一部の部材や部品で調達に影響が出ているものの、代替品の手当がついている模様とコメント。製造に関しては海外で行っていることから影響は無いようです。

6月に開催されるE3で体験可能な状態で展示されるWiiの後継機については、仕様が不明なため、公表されてから評価するとのこと。現行のWiiへの影響に関しては、ソフトの影響は低いものの、ハードは買い控えが起きるだろうと評価しています。

(Article written by 土本学)

任天堂アクセスランキング