人生にゲームをプラスするメディア

発売目前『最後の約束の物語』イメージエポック御影社長インタビュー

ソニー PSP

最後の約束の物語
  • 最後の約束の物語
  • 「歯ごたえのあるRPG」の感想は・・・? GAMESマーヤで『最後の約束の物語』体験会
4月23日にGAMESマーヤで新作PSPソフト『最後の約束の物語』体験会を実施したイメージエポック。「RPGセカンドステージ」と共に、鮮烈なパブリッシャー宣言を行った同社の、第一弾タイトルです。社長の御影良衛氏に、発売を目前に控えた心境などをお聞きしました。



―――体験会おつかれさまです。いよいよ発売ですね。

御影:ある程度の手応えはあります。ただ、手応えというのは、最終的にファンの皆さんにゆだねるモノです。現時点でできることはすべてやりました。あとは、どんな評価を皆さんにいただけるかですね。良い評価も悪い評価もあるでしょう。そこを、どう次に繋げていくのか。ぼくらの「JRPG宣言」はこれで終わりでは、ありませんから。

―――とはいえ、第一弾タイトルということで、一番注目されるところです。これが「JRPG宣言」の答えだと、みなされるかもしれません。恐くはないですか?

御影:うーん・・・そこは「人事を尽くして天命を待つ」の心境ですね。

―――予約や受注も好評のようですね。

御影:おかげさまで、Amazonさんでは今日(23日)、受注分が完売しました。もっとも本作に関しては、売り上げなどは正直二の次だと思っているんです。それよりも、ユーザーさんから、どんな評価をいただけるかの方が重要なんです。

―――ただ、作り手側からすれば「売り上げ」=「評価」ではありませんか?

御影:実は正直なところ、今作については「売り上げ」は度外視しているんです。本作のコンセプトやテーマも、「せっかくパブリッシャーとなった最初のタイトルなんだから、自分たちが好きなゲームを作ろう」という想いが強かったんですね。そこから「PSPで歯ごたえのあるRPGがないよね」という感じでプロデューサーの宇田と盛り上がって、宇田がキャラクターデザイン、僕が原案、という風に進んでいきました。

―――そうなんですか。

御影:ええ。売れても売れなくても、最初のタイトルなんだから、やりたいことをやろうと。会社の第一作って、その後の方向性を大きく決めますし、僕らが大きくなった時に、絶対に引用されますしね。それだけに、ユーザーさんの生の声が気になりまして。発売後はまた、ブログやtwitterのチェックなどで、眠れない日が続きそうです。

―――なるほど。

御影:それに、「売り上げ」はイメージエポックの総合力の結果なんです。開発スタッフだけでなくて、広報宣伝や営業チームの力も重要です。それらが、一本ゲームを作って売ることで、良い循環となって社内に蓄積されつつある。そのことに喜びを感じます。おかげさまで出荷的には合格ラインなので、僕が次にすることは消化率と、ユーザーさんの生の声から目をそらさないことです。そこが一番恐いところですね。

―――会場の反応はいかがでしたか?

御影:皆さん優しいですね。それから、ビックリするくらい上手いです。特に女性ユーザーが、ノーマルモードの中ボスを倒せているのを見て、改めて大丈夫かもしれないと思いました。ただ、後半はすごく難しいです。「歯ごたえのあるRPG」と唄っているのは、そのとおりです。ゲームに慣れていない方はイージーモードで遊ばれる方が良いとは思います。もっとも、ノーマルモードの中ボスが倒せるということは、イージーモードでラスボスが倒せるということなんですよ。

―――確かに。みなさんお上手でしたね。

御影:また「ヘイト」「クラウド」という概念を知らない方が、いっぱいいらっしゃいました。それでも、ここ10~20分の体験会で、僕らと会話をしながら、中ボスが倒せたので、おそらく「ヘイト」「クラウド」という概念も浸透できるんじゃないかと思います。

―――「ヘイト」「クラウド」って何ですか?

御影:ひらたくいうと「敵対心」のことです。これをパラメータとして管理することで、プレイヤーの攻撃を敵キャラクターのAIが解析し、パーティの弱点を突いてくるような攻撃が繰り出せます。MMORPGなどでは一般的ですが、コンシューマゲームでは、あまり見られませんね。本作は希有な例ではないでしょうか。

―――確かに、JRPGの敵キャラクターの攻撃アルゴリズムは、けっこうヌルいですよね。

御影:そうです。そこを今回はしっかり作り込みました。

―――また今回はダウンロード販売分のうち、500円を義援金として寄付する「チャリティダウンロード」を発表されましたね。

御影:震災の翌日に決定しました。金額は当初から5600円とDL版にしては高めの設定で、お店にも告知済みでした。そこから1本あたり500円を寄付することにしたんです。もともとDL版の金額は、一般店舗さんのケアのために、あえて高めの設定にしていました。一般店舗さんに、しっかり受注してもらって、消化してもらうことが、第一ミッションだと感じていたんです。

―――なるほど。

御影 そうはいっても、そこから500円をチャリティに寄付するというのは、僕らのような小さい企業では、少なくない金額なんですよ。そこは僕らのメッセージだと思ってください。実際こうした形でのチャリティというのは、面倒くさいことでも何でもない。やるか、やらないかという、気構えの問題なんです。

―――そうなんですか。

御影:そうですね。赤十字さんへの寄付というのは、事務処理だけですみますので。それよりも、僕らみたいに小さい企業では、できることも限られているけど、やっぱり日本の企業として、何かやりたかったんです。そういう想いは、僕らが今後成長していく中で、重要だと思うんですよ。小さい企業は、小さいなりに。大企業になったら、それにふさわしいお返しを。そんなことを、震災の翌日に役員会で話しました。



―――体験会はGAMESマーヤさんからのリクエストだったそうですね。

御影:実は体験会をやる予定はありませんでした。それまでオファーをいただいても、お断りしていたんです。ただGAMESマーヤさんは、プロデューサーの宇田洋輔がゲーム業界に入りたてのころ、常連だったんですよ。そういった縁もあって、お声がけに応えさせていただきました。そうした人と人との関係は、この業界では大事ですよね。

―――やってみて感想はどうですか?

御影:お客さんが、みな素晴らしい人ばかりで、教えていただけることがたくさんありました。体験会というスタイルは別として、ユーザーさんと直接コミュニケーションできることは、とても気持ちが良いですね。アーケードならともかく、コンシューマではほとんどないので、非常に勉強になるし、有意義な時間でした。



―――最後にユーザーさんに一言お願いします。

御影:予想以上に会場で盛り上がっていただいて、嬉しくもあり、不安でもあります。発売後どういう状態になるか、正直わからないです。その中でも、たくさんのご意見を聞く覚悟を持っています。できるだけ多くの方に遊んでいただいて、多くのご意見をいただいて、今回のがんばりを次に繋げる糧にできればと思っています。

―――ありがとうございました。

『最後の約束の物語』は4月28日発売予定。価格はパッケージ版が6,279円(税込)、ダウンロード版が5,600円(税込)です。

(C)Imageepoch
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『かまいたちの夜 輪廻彩声』が“CERO:Z”に…公式サイトにも年齢認証を設置

    『かまいたちの夜 輪廻彩声』が“CERO:Z”に…公式サイトにも年齢認証を設置

  2. 『バイオ7』の新スクリーンショットや動画が続々公開!新たな敵「モールデッド」やベイカー一家のおぞましい”力”とは

    『バイオ7』の新スクリーンショットや動画が続々公開!新たな敵「モールデッド」やベイカー一家のおぞましい”力”とは

  3. 『無双☆スターズ』2017年3月2日に発売!「TREASURE BOX」の内容もお届け

    『無双☆スターズ』2017年3月2日に発売!「TREASURE BOX」の内容もお届け

  4. 非同期型オンライン『LET IT DIE』解説映像―敵対するだけじゃない独自のPvP要素

  5. PS Plusの12月注目コンテンツ公開―フリープレイに『ソフィーのアトリエ』『絶対絶望少女』、『FF15』サントラも

  6. 北海道も作れちゃう!?『Birthdays the Beginning』新たなゲームモードの情報が公開

  7. 【TGA 16】Game of the Yearは『オーバーウォッチ』に決定!

  8. 『DEATH STRANDING』ティザートレイラーの4Kバージョンが公開!

  9. 『魔女と百騎兵2』店舗別特典を一挙お届け! DLCや描き下ろし布ポスターなどズラリ

  10. 『人喰いの大鷲トリコ』新WebCMが到着、7年にわたる「予約注文」がまもなく叶う!

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top