人生にゲームをプラスするメディア

期待の“旧”ハード!木製ネオジオNeo Geo Consolized MVSが発売開始

その他 全般

期待の“旧”ハード!木製ネオジオNeo Geo Consolized MVSが発売開始
  • 期待の“旧”ハード!木製ネオジオNeo Geo Consolized MVSが発売開始
  • 期待の“旧”ハード!木製ネオジオNeo Geo Consolized MVSが発売開始
1台の筐体で複数のゲームが出来る業務用のハードウェアとして始まり、1990年から2004年ま高品質のアーケード移植タイトルを排出し続けたSNKのゲームハード「ネオジオ」。未だ国内外を問わずアーケードマニアなどから熱い支持を受ける本機ですが、海外ではなんと木製の“Neo Geo Consolized MVS”がAnalogue Interactiveより発売される事が発表されました。



外見からもわかる様に、本機の外面カバーは高品質なクルミの木のみで製造されており、艶の美しいウッドデザインがどんな部屋にも合いそうです。フォーマットは通常のネオジオと同じくコンポネント、S端子、コンポジットとRGBビデオに対応、内部メモリ用のリチャージバッテリーも搭載されています。



なお気になる価格は649ドルと、4月19日現在で日本円に換算して約53,000円。発売当時はネオジオ本体が58,000円、ソフトが平均20,000~30,000円だったことを考えれば、非常にリーズナブルな価格と言えるかも?海外への発送も行われているとのことなので、未だにネオジオで餓狼伝説やメタルスラッグを遊んでいるマニアの方は、ぜひゲットしてみてはいかがでしょうか。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

    青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

  2. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

    【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  3. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  4. 劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田明神」コラボ絵馬が発売、縁起物のオリジナルイラストデザインが使用

  5. 【昨日のまとめ】『FGO』新章「-Epic of Remnant-」紹介ページ公開、Steam版『プリンセスメーカー リファイン』発売、『Horizon Zero Dawn』海外向けゲーム紹介映像…など(2/18)

  6. 「この世界の片隅に」極上音響上映決定、シネマシティ「どうしても、観てほしい映画があります。」

  7. 【昨日のまとめ】ゲーム業界の重鎮が集う会員制飲食店「84」へ潜入、『ポケモンGO』配信中の最新アップデート続報、『スプラトゥーン2』街中の1シーンが公開…など(2/17)

  8. 【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

  9. すごーい!たっのしー!“フレンズ化現象”を巻き起こす「けものフレンズ」って一体!?

  10. 【インタビュー】「この世界の片隅に」片渕須直監督に訊く…「この世界にすずさんの実在感を求めて」

アクセスランキングをもっと見る