人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、「ビーライン」ブランドでスマートフォン向けソーシャルゲーム開発に注力

ゲームビジネス 開発

カプコンは、スマートフォン向けソーシャルゲーム事業の拡充に向けて、セカンドブランドとして「ビーライン」を導入し、主導するための子会社として株式会社ビーライン・インタラクティブ・ジャパンを設立。また、米国およびカナダでモバイル事業を行う子会社2社の社名も「ビーライン」ブランドに基づき変更すると発表しました。

カプコンでは2009年以降、スマートフォン向けのコンテンツ開発に注力し、欧米の子会社を中心に海外向けソーシャルゲーム『Smurfs' Village』、『Zombie Cafe'』、『Lil' Pirates』を配信し3タイトル合計で1500万ダウンロードを超える成功を収めています。中でも『Smurfs' Village』はAppStoreの売上高で55カ国で1位を獲得したとのこと。

これまでの家庭用ゲーム機とは異なるユーザー層に訴求するため、セカンドブランドと専門の子会社を設立し戦略的に開発を進めていきます。

ビーライン・インタラクティブ・ジャパンの代表には海外でのモバイル向け開発を指揮してきた世古学氏が就任。拠点は大阪市内ですがカプコン本社とは異なる場所に置かれます。資本金は3億円でカプコンが全額出資。また、米国とカナダのCapcom InteractiveとCapcom Interactive Canadaが、Beeline InteractiveとBeeline Interactive Canadaに変更するとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  2. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

    【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  3. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

    【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  4. スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」新型モデル予約開始

  5. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

  6. ムームー森川幸人氏が語る、ゲーム作りで「やっちゃいけないこと」

  7. 稲船氏によるゲーム企画体験会&comceptインターンシップ選考会がヒューマンアカデミー校で実施

  8. 【DEVELOPER'S TALK】音ゲー、コーデ、キラキラ感。3DSタイトル『プリティーリズム マイ☆デコレインボーウエディング』にみるミドルウェアで実現した女児向けゲーム開発のこだわりとは?

  9. ゲーム業界で転職したい人へ・・・リクルートキャリアに聞く(後編)

  10. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第7回:3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

アクセスランキングをもっと見る

page top