最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

頭痛やめまいで3DSの返品相次ぐ? 英紙報道

頭痛やめまいで3DSの返品相次ぐ? 英紙報道

2011年4月5日(火) 21時43分
  • 頭痛やめまいで3DSの返品相次ぐ? 英紙報道 の画像
    頭痛やめまいで3DSの返品相次ぐ? 英紙報道

英紙サンやデイリー・テレグラフなどはニンテンドー3DSを遊ぶことによって頭痛やめまいを訴え、販売店に返品に訪れるユーザーがかなりの数出ていると報道しています。サンは一面で報じていて、不安視されているようです。

The Sunは一面で報道


3DSでは2つの目に異なる映像を届けることで立体視を実現していますが、そのことから、目への影響が完全に無いとは言い切れず、任天堂は30分に1回程度は休憩をするように呼びかけています。

Sundeep Tailorさん(27歳)は3DSをプレイして短時間で気分が悪くなったと言います。地元のストアに返品したものの、購入時よりも30ポンド安い176.99ポンドでしか受け取ってもらえなかったそうです。「僅かな時間でお金を失ってしまった。僕みたいな人は他にも居ると思うよ」

任天堂の広報担当者はデイリー・テレグラフに対して「3DSには3Dボリュームがあり、立体視の度合いを自由に調整できます。また、3D映像ではテレビや映画と同様に、一部で軽い不快感が生じる可能性があります。しかし、それは短時間で、大多数は少し休憩することで収まります」とコメント。

任天堂では不安があれば地元のカスタマーセンターなどに連絡して欲しいとしています。

(Article written by 土本学)

任天堂アクセスランキング