人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入

ゲームビジネス その他

バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入
  • バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入
  • バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入
バンダイナムコの欧州法人NAMCO BANDAI Games Europeは、シリーズ最新作『エースコンバット アサルト・ホライゾン』最新作のプロモーションのためにMiG-21を購入したそうです。リストア費用を含めて総額28万5000ポンド(約3800万円)。

バンダイナムコが購入したMiG-21


このMiG-21BIS戦闘機は"エストバキア連邦"(『エースコンバット』に登場する架空の国家)の空軍で退役したもので、既にロンドンのオフィスに到着。今後、Facebookで実施されている「エースコンバット 戦闘機デザインコンテスト」で最優秀を獲得した作品が実際に施される予定だとのこと。

Facebookではデザインコンテスト中


プレスリリースによれば「戦闘機はマーケティングやプロモーション、主に出版社にゲームを届けたり、ジャーナリストに空を味わってもらったり、地元のライバルであるカプコンを牽制するのに使われます」とのこと。

同社のマーケティングディレクターのLee Kirton氏は「普通の退屈なマーケティングに飽きていたんです」と理由を説明。

PS3/Xbox360『エースコンバット アサルト・ホライゾン』は現在のところ発売日は未定です。1万機以上が生産され、ソ連をはじめ世界中で活躍したMiG-21はどのように活躍するのか、楽しみです。

(Update)ただし、プレスリリースの日付は4/1でした
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  3. 部屋全体をゲーム空間に マイクロソフトの新技術「IllumiRoom」をチェック

    部屋全体をゲーム空間に マイクロソフトの新技術「IllumiRoom」をチェック

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. GOTYは『DARK SOULS III』に!「Golden Joystick Awards 2016」受賞作品発表

  6. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  7. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  8. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  9. ノベルゲームをVRで表現した『マヨナカ・ガラン』が興味深い!見た目は3Dアドベンチャーだが、プレイ感はノベルゲーム

  10. 【DEVELOPER'S TALK】音数の限界に挑戦、ハイスピードかつハイテンションなシューター+アクションの開発秘話~『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』

アクセスランキングをもっと見る