人生にゲームをプラスするメディア

「次世代機は3D立体視ではない」米国任天堂社長

任天堂 Wii

米国任天堂のReggie Fils-Aime社長兼COOは、CNNとのインタビューに答え、家庭用ゲーム機の次世代機で3D立体視が導入される可能性は低いと話しました。

「眼鏡が要らないというのは大きなアドバンテージでした。私たちは家庭用の次世代機について公式にお話はしていませんが、現時点で3Dについて学んだ範囲では、(次世代機に)それが導入されることはないかと思います」

ただし、長く3Dについて研究を重ねてきた任天堂は家庭用での3Dも検討したことがあるようです。任天堂公式ホームページの「社長が訊く」の中で3DSのプロデューサーでもある紺野秀樹氏は次のように述べています。

「ゲームキューブの上に5インチくらいの液晶ディスプレイを取り付けるようにして、裸眼で立体の『ルイージマンション』が楽しめるものを試しにつくってみたんです。」

これは2002年のE3で参考出展されたものの陽の目を見ることはなかったようです。当時は液晶パネルの価格の高さや、周辺機器として売るということのハードルがあったようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『デモンゲイズ2』『FIFA 17』『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』他

    今週発売の新作ゲーム『デモンゲイズ2』『FIFA 17』『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』他

  2. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

    『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  3. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

    『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

  4. 「ポケモンGO Plus」バックグラウンド動作でも歩いた距離が記録されるように!タマゴを孵したり相棒のアメをゲット可能

  5. 『ポケモンGO』「相棒ポケモン」が追加されるアプデ配信を確認、一緒に歩いてアメをゲット

  6. 『ポケモンGO Plus』が発売直後から品薄状態に―次回出荷は11月上旬を予定

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

  9. 『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

  10. 宮城県、被災地誘客のため『ポケモンGO』予算3000万を計上 ─ イベントや地域限定ポケモンなど

アクセスランキングをもっと見る

page top