最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
グラフィックはどうでもいいと言う人がいるが、それは嘘だ-ベセスダ幹部

グラフィックはどうでもいいと言う人がいるが、それは嘘だ-ベセスダ幹部

2011年3月18日(金) 11時48分

『Fallout 3』シリーズや『The Elder Scrolls』シリーズなど、様々な高品質タイトルを手掛けているBethesdaですが、同社マーケティング部長のPeter Hines氏は、グラフィック品質が持つ集客性についてコメントしています。

Official XBOX Magazineが配信している最新のポッドキャスト上でHines氏は、「グラフィックはどうでもいいと言う人が数多くいる」と前置きし、そのような人達に対しいつも「それは嘘だ」と話しているそうです。同氏は、人々はスクリーンショットを見た際に「素晴らしい」や「あまり興味は持てない」といった素早い判断を行うとして、一目見ただけで素晴らしく感じられるものを提供出来れば、彼らの心を掴むのはより簡単になると説明しています。

また高品質な映像は没入感を高める重要な役割を担うとして、シリーズ最新作の『The Elder Scrolls V: Skyrim』では、プレイヤーが体験する事の出来る最高の没入感を目指しているとコメントしました。

ゲーム内容はもちろんの事、グラフィックも前作から大きく進化している『The Elder Scrolls V: Skyrim』は、海外で2011年11月11日に、日本では2011年にリリースとなります。

(Article written by Game*Spark)

ゲームビジネスアクセスランキング