人生にゲームをプラスするメディア

3DSで『スターフォックス』は遊びやすさが遙かに向上

任天堂 3DS

ニンテンドー3DSの総合プロデューサーとして開発を指揮した紺野秀樹氏が英紙ガーディアンのインタビューで3DSについて語っています。

3Dになることによる利点は様々ありますが、紺野氏は『スターフォックス』を例に出し、奥行きの距離感を掴みやすくなる利点を紹介しています。

「簡単に言えば、3Dになることでプレイヤーから対象までの距離をより直感的に性格に理解できるようになります。奥行きや上下左右の大きさをしっかり掴めるようになります」

「例えば『スターフォックス』でリングをくぐっていく際、2Dの画面だと難しい人もいるでしょう。それはそれぞれのリングがどのくらいの距離にあるのか理解するのが大変だからです。でも3DSでは遙かに簡単になります」

「もしくはゴルフゲームであればグリーンを読むのが遙かに簡単になります。2Dのゴルフゲームではグリッドで傾斜を読んでいました。しかし3Dであればその必要もないでしょうね」

ちなみにGDCの基調講演で岩田聡社長は、3Dになることでようやく誰でも遊びやすい3Dのマリオを作れるようになった、という宮本茂氏の声を紹介していました。これも紺野氏の言葉と同様で、実際に奥行きを感じられることで空間認識が向上することを指してのものです。

『スターフォックス64 3D』は、NINTENDO64で発売された名作をリメイクしたもの。3Dの利点を活かした名作はどのようによみがえるのでしょうか? 発売は2011年。期待したいですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』ジムの機能に不具合発生、バトルを実施するとエラーが起こる模様

    『ポケモンGO』ジムの機能に不具合発生、バトルを実施するとエラーが起こる模様

  2. 『ポケモン サン・ムーン』またもや恐怖のポケモンが登場…怨念が砂に宿り人の生気を吸う「スナバァ」とは

    『ポケモン サン・ムーン』またもや恐怖のポケモンが登場…怨念が砂に宿り人の生気を吸う「スナバァ」とは

  3. 『ポケモン サン・ムーン』最速攻略本+完全攻略ガイド発売決定!ポケモンの生まれながらの能力を最大まで上げる「きんのおうかん」付属

    『ポケモン サン・ムーン』最速攻略本+完全攻略ガイド発売決定!ポケモンの生まれながらの能力を最大まで上げる「きんのおうかん」付属

  4. New3DS対応『A列車で行こう3DNEO』発売決定―前バージョン所有者には無料配信

  5. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  6. 【Wii U DL販売ランキング】『マリオスポーツミックス』や『マリオストライカーズ チャージド』など、マリオのスポーツゲームが健闘(8/29)

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『ポケモン サン・ムーン』新ポケモン「マケンカニ」登場!強力パンチで「てっぺん」を目指す

  9. 『MHF』が『Z』へ! 11月9日に大型アップデート、PS4版は11月22日に幕開け…全武器種に“抜刀ダッシュ”、防具の見た目が変更可能に

  10. 『ポケモン サン・ムーン』新ポケモン「バクガメス」が公開、甲羅に衝撃を受けると爆発!

アクセスランキングをもっと見る

page top