人生にゲームをプラスするメディア

【東日本大地震】位置ゲーのログイン情報を被災地の通信可能マップに・・・コロプラ

ゲームビジネス その他

【東日本大地震】位置ゲーのログイン情報を被災地の通信可能マップに・・・コロプラ
  • 【東日本大地震】位置ゲーのログイン情報を被災地の通信可能マップに・・・コロプラ
『コロニーな生活☆PLUS』などの位置ゲーを運営するコロプラは、同社の位置ゲープラットフォーム「コロプラ+」で登録が確認できた地点を、データ通信が可能な地域マップとして公開を始めました。

東北では地震や津波の影響でデータ通信が困難になっている地域もあり、このマップでは通信が可能になっているかどうか確認することができます。

「位置登録実績MAP」ではユーザーが携帯電話の位置情報機能を用いて登録した現在地情報をまとめ、前日の0時~当日0時までの24時間で一度でも登録がされたエリアを一辺約1.7kmの六角形で示しています。また、キャリア別の確認することができます。

また、同社では各タイトルで義援金を募っており、『コロニーな生活☆PLUS』では2270万円、『キャリー・ストーリー』で240万円以上が集まっているとのこと。同社としても1000万円を寄付する予定。

位置登録実績MAP
http://pl.colopl.jp/c/c/map/
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」新型モデル予約開始

    スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」新型モデル予約開始

  2. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

    【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  3. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

    VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  4. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  5. 『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

  6. バンダイナムコ、アジア地域の組織再編

  7. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  8. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  9. 日本のモバイルゲーム、上位10ゲームだけで市場収益50%占める

  10. 「Oculus Rift」DRM機能からハードウェアチェックが削除…今後も使用しないと明言

アクセスランキングをもっと見る

page top