人生にゲームをプラスするメディア

『SDガンダム ジージェネレーション ワールド』マスターセレクトではライバルも選択可能に

任天堂 Wii

SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
  • SDガンダム ジージェネレーション ワールド
バンダイナムコゲームスは、Wii/PSPソフト『SDガンダム ジージェネレーション ワールド』の最新情報を公開しました。



『SDガンダム ジージェネレーション ワールド』は、人気のウォーシミュレーション最新作。話題の「機動戦士ガンダムUC」(2話まで)を含め、ついに本格参戦となる「機動戦士ガンダム00セカンドシーズン」、9月に公開された「劇場版機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」(クアンタと刹那のみ)を網羅。さらにはTVやプラモで展開中の「SDガンダム 三国伝」(4キャラ)までもが参戦、全50タイトルが勢揃いすることとなりました。

システム面では、前作のウォーズブレイクが進化した「ジェネレーションブレイク」、設計可能なユニットの組み合わせを自動で行い、生産リストに一斉登録可能な「全設計」、任意でオリジナルのパイロットが作成できる「マイキャラクター作成」といった新要素が搭載されています。



そしてステージ攻略を進めていくことで、自軍の“マスターキャラクター”を選択することができる「マスターセレクト」において、歴代ガンダム作品の主人公キャラに加え、新たにライバルキャラクターの選択も可能になりました。選択すると、編成できるグループが1つ追加され、マスターキャラとMSがマスターエリアに登録されます。なお登録後、マスターエリアのキャラとユニットは自軍の中から任意で変更することもできます。



あわせて今回、新登場のMSおよびパイロットとして、Gファルコン(パイロット:パーラ・シス)、Xアストレイ(パイロット:プレア・レヴェリー)、アヘッド・サキガケ(パイロット:ミスター・ブシドー)、ゴッドガンダム(パイロット:ドモン・カッシュ)、デルタプラス(パイロット:リディ・マーセナス)、ネェル・アーガマ改(艦長:オットー・ミタス)が登場することも判明しました。

『SDガンダム ジージェネレーション ワールド』は2011年2月24日発売予定、価格は通常版が6,090円(税込)、コレクターズパックが9,240円(税込)です。

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

    「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  3. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

  4. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  5. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  6. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

  7. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  8. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 『ポケモンGO』増田順一のブログへ配信時期に関する疑問コメントが殺到、その数2000件超え

アクセスランキングをもっと見る

page top